謝罪から父親まで、日本で代行を頼めないものはない―スペインメディア

配信日時:2019年7月3日(水) 23時40分
謝罪から父親まで、日本で代行を頼めないものはない―スペインメディア
画像ID  1104878
スペイン紙エル・パイス(電子版)は26日、日本で流行する「代行サービス」について伝えている。
2019年6月29日、中国メディアの参考消息網によると、スペイン紙エル・パイス(電子版)は26日、日本で流行する「代行サービス」について伝えている。

それによると、エル・パイスの記事はまず、「日常生活において、家族や友人、同僚が予期した通りに反応してくれない場合がある。だが非常に実践的な文化である日本は、こうした問題を直接解決している」とした。

そして、日本では、批判の矢面に立ちたくない幹部の代わりに謝罪してくれる人をレンタルできたり、結婚に同意しない両親の代わりに「ノリノリで」結婚式に出席してくれる人をレンタルできたりと、「代行サービス」で解決できない事情はほとんどないと紹介した。

記事は、「そうした代行サービス業者が最も得意とするのは、結婚式のために『家族』を貸し出すことだ」とし、「イベントのためにふさわしい服を着て、写真撮影でポーズを決め、決められた台本に従ってゲストと家族の興味深いエピソードを共有する『偽の両親』を貸し出すことはお手の物だ。新郎または新婦が、結婚相手の『詐欺』を知らないケースさえあるというが、数日、数カ月または数年後、結婚相手があなたのメンツを保つためにこうした芝居を手配してくれたことに感謝することになるだろう。芝居費用は1人につき65ユーロ(約8000円)だ」と伝えた。

また「こうしたオファーには、葬式に参列したり、夫または妻に言い寄ってくる人を撃退したり、幹部の代わりに大切なクライアントに謝罪したりすることなども含まれる」「高齢化が進むにつれて、現在では、祖父母に孫たちが膝にまとわりつく幸せを体験してもらうため、若い夫婦に子どもを貸し出すサービスまであり、これは165ユーロ(約2万円)だ」などとも伝えているという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/07/04 06:33)

    ちなみに退職しようとすると執拗な嫌がらせをされるブラック企業に勤めている人の為の退職代行というものもあり、ヤマダ電機に勤めていて余りのブラックぶりに付いていけなくて退職する人がよく利用しているそうである(実話)
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事