台湾版グラミー賞、ジョリン・ツァイが最優秀アルバム賞、「ゆず」の日台コラボも話題

配信日時:2019年6月30日(日) 12時30分
台湾版グラミー賞、「ゆず」の日台コラボ話題
画像ID  1104696
29日、“台湾版グラミー賞”第30屆金曲奨(The 30th Golden Melody Awards)の授賞式が台北市で行われ、日本からは人気フォークデュオのゆずも参加した。
2019年6月29日、“台湾版グラミー賞”第30屆金曲奨(The 30th Golden Melody Awards)の授賞式が台北市で行われ、日本からは人気フォークデュオのゆずも参加した。

その他の写真

台湾最大の音楽の祭典、30回目を迎えた金曲奨の授賞式が29日夜、台北アリーナで行われた。最高の栄誉とされる年度アルバム賞には、台湾の女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)のアルバム「Ugly Beauty」が選ばれた。

ジョリン・ツァイは昨年、引退した安室奈美恵の最後のライブステージに参加したことでも知られるが、受賞後のコメントによると、「Ugly Beauty」はデビューからの20年間でリリースした14枚のアルバムの中で、最も情熱と心血を注いだ1枚とのこと。収録曲「Womxnly」も最優秀年度歌曲奨を受賞している。

最優秀女性歌手奨(中国語部門)に選ばれたのは、香港の実力派歌手のサンディ・ラム(林憶蓮)。同男性歌手奨には、台湾の人気ラッパーのLEO王(レオ・ワン)が選ばれた。また、最優秀バンド奨には台湾のメタルバンド、ソニック(閃霊/ChthoniC)が選ばれている。

日本からは人気フォークデュオのゆずも参加し、台湾の男性ミュージシャンのイヴァン・ヨー(蔡旻佑)とコラボ。代表曲の1つとして知られる「栄光の架け橋」を披露した。美しいメロディーと歌声を届けた日台コラボのパフォーマンスには、ネットユーザーから「CDを聴いているみたいに完璧で美しい」「会場で聴けた人はうらやましい」などの称賛のコメントが集まっている。(Mathilda
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事