Record China

ヘッドライン:

「大阪には絶対に行かない方が良い」と言われた中国人、その理由に中国ネット納得?=「確かにその通り」「これは差別でなく、真実」

配信日時:2019年9月17日(火) 15時40分
拡大
中国のメディア関係者でブロガーとしても活動する「陳生大王」氏が16日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで「差別」に関する持論を投稿、ネットユーザーから反響が寄せられている。

同氏は、「よく思うのだが、差別はグループの内部でより多く発生する」と述べた。その例として、「私は東京で暮らしていて、関西には行ったことがないのだが、(関西に行くことが)話題に上るたびに、何人もの(中国人の)友人が鼻で笑いながら『京都はまだいいが、大阪には絶対に行かない方が良い。あそこは中国人が多くて乱れているから』と言う」とつづった。

さらに、知識人や富裕層が海外に移住する際も同様だといい、「米国でも、カナダでも、豪州でも、住宅を購入する際の第一条件は中国系コミュニティーから離れていること。そして、そこに住んで1~2年後、現地になじんだような口ぶりで『ここも中国人が増えてきて、マナーが悪くなってきた。本当にうっとうしい』と嘆息する」と続けた。

この投稿に、中国のネットユーザーは「確かにその通り」「ものすごく現実的な話だ」「これ以上ないほど同意する」「こういう人、周りに少なくない」など、同氏が指摘したような人物が存在するという点には、ほとんどの人が同意した。

その上で、中国人が中国人を敬遠することの是非について、「これは差別でなく、真実」「中国人が海外で殺し合う事件も多いから」「東京に来て3~4年になるけど、だまされたのは全部祖国の人間にだ。差別などではなく、本当に祖国の人間が怖い」などとする声がある一方、「そういう(中国人を差別する)言葉を聞くたびに笑える。自己評価が高過ぎだって」「中国人は海外で差別を受けやすいと言われるが、実は中国人が中国人を見下してるんだ。そんなことで他人から尊重されるわけがない」など、否定的に見るユーザーもいた。

このほか、「なぜ出て行った人間は、中国人や中国系に反感を抱くのだろうか」というコメントには、「(中国人が)嫌いだから出て行ったんでしょう。出て行った先で近づきたいと思うわけないさ」「(中国人というより)マナーの悪い人間に反感を抱くんだよ」といった返信が寄せられ、共感を呼んでいる。

近年、日本など海外の国で中国人同士のトラブルによる事件がたびたび起こっていることから、中国のネット上では「海外で最も気を付けるべきは同胞」という声も上がっている。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

列車の中で日本人の悪口を言い続けたおじいちゃん、となりの大学生に「あんたどこの出身だい?」=返ってきた答えは…―中国ネット

25日、中国のインターネット掲示板で、「日本人が中国人を嫌いな理由」をテーマにさまざまな意見が飛び交う中、あるネットユーザーは自分の子どものころの体験を記している。写真は中国の汽車。

Record China
2015年6月27日 7時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング