Record China

ヘッドライン:

日本企業が中国当局を「理不尽」と批判、商標権めぐり不服審判などで対抗

配信日時:2019年6月28日(金) 21時20分
拡大
株式会社免疫生物研究所の子会社、ネオシルク化粧品の製品である、「ネオシルク-ヒト型コラーゲンI」配合化粧品「フレヴァン」のローマ字表記「frais vent」が、中国で商標権を得られないでいる。免疫生物研究所は、中国当局の説明を「理不尽」と認識し、不服審判などの対抗措置を取っている。同社が2019年6月26日付で発表した。

免疫生物研究所によると、「フレヴァン」シリーズについては中国への販売を計画した段階で、中国代理店経由で中国政府及び知的財産にかかわる当局に対し、「販売許可」と「商標権」を申請した。その後、「販売許可」とカタカナ名の「フレヴァン」の商標権は取得した。しかし、ローマ字表記の「frais vent」については、当局が「中国語に置き換えた場合、すでに中国において、同じような意味合いの商標がある」との理由で、商標権を認めなかった。

免疫生物研究所は日中の特許事務所と協議を経た上で当局の主張を「理不尽」と認識し、不服審判などの対抗措置を取っている。同化粧品は中国政府により販売許可を得ていることから、第2四半期(7-9月期)の販売再開を見込む。ただし、中国では「frais vent」の商標権がないことから、他社が「frais vent」 名の化粧品を販売するリスクがあるという。(編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

伝統の商標巡り“南北戦争”=北京と蘇州で訴訟、いずれの裁判所も地元企業に有利な判決

蘇州稲香村が商標などを巡り北京稲香村を相手に起こしていた裁判で、蘇州市内の裁判所は蘇州稲香の主張を認める判決を言い渡した。北京市内で争われていた裁判では北京稲香村の主張を認める判決が言い渡されていた。写真1枚目は蘇州稲香村、2枚目は北京稲香村の店舗。

Record China
2018年10月15日 8時50分
続きを読む

中国企業が日系企業を提訴=杭州での工場建築費用不払い理由、日本側は「施工不良」「安全基準に合致せず」などと反論

フェローテックホールディングスの中国法人が、工場建設の工事代金未払いなどを理由に、中国企業2社から提訴された。フェローテックホールディングスは、不良施工や安全基準に合致しない建材を使ったなどと反論している。写真は工場所在地の杭州大江東産業集聚区の一部。

Record China
2019年6月26日 21時0分
続きを読む

大和ハウス合弁の損失額は221億円、合弁相手が自社への不正出入金繰り返す―第三者報告書

大和ハウス工業は、合弁会社の大連JVで発生した不正出入金について、第三者委員会報告書を受領したと発表した。報告書は、資金繰りが苦しくなった合弁相手が行ったとの見方を示した。大連JVの損失は約221億円。写真は大連JVが手掛けたマンションの頤和銀座。

Record China
2019年6月19日 9時20分
続きを読む

「チャイナリスク」関連倒産、1-5月は件数大幅減も負債総額は2割増―東京商工リサーチ

東京商工リサーチが6月10日付で発表した1-5月の「チャイナリスク」関連倒産の調査結果によると、倒産件数は前年同期比43.4%減と大幅に減少したが、規模が比較的大きな倒産が相次いだことで、負債総額を前年比18.2%の79億3300万円に押し上げたという。

Record China
2019年6月12日 6時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング