中国、5G時代に向かって急速に成長―中国メディア

配信日時:2019年7月1日(月) 5時30分
中国、5G時代に向かって急速に成長―中国メディア
画像ID  1103960
韓国、米国、スイスに続き、中国も世界第一陣の5G商用国となった。資料写真。
韓国、米国、スイスに続き、中国も世界第一陣の5G商用国となった。2019年6月6日、中国工業情報化部(省)は中国電信(チャイナテレコム)、中国移動(チャイナモバイル)、中国聯通(チャイナユニコム)、中国放送テレビ網絡有限公司に正式に5Gの営業許可証を発行した。これは4社が大規模な5Gネットワークの建設をスタートできることを意味している。

▽市場が大きい

中国移動の「5G+」計画によると、同社は19年に全国に5万台以上の5G基地局を建て、50以上の都市で5Gの商用サービスを始める。また、20年に、ネットのカバー範囲を一層広め、中国のすべての地級市以上の都市で5Gの商用サービスを提供する見通しだという。中国移動は世界最大規模の5Gネットワークの建設を加速している。

▽参加国が多い

中国移動研究院副院長の黄宇紅氏は、5Gの開発は1国だけでできるものではなく、世界のより広いプラットフォームで共同推進すべきとの見方を示した。

黄氏は、中国主導の国際協力プラットフォームには135の事業者が参加し、これには「一帯一路」沿線の28カ国の40社余りが含まれると紹介。事業者らは5G産業を取り巻く環境のグローバル化を期待しているという。

▽応用分野が広い

5Gには高速、低遅延、接続範囲が広いという特徴があるため、各分野との融合は、消費者により革新的な製品を提供することにつながる。例えば、VRやARの数十~100メガバイトまでのニーズが5G時代で満たされ、VRとARの普及が急速に進むと考えられる。5G技術が教育や医療、交通、エンタメなど各業界に溶け込み、国民の将来のデジタル化生活へのニーズをよりよく満たすことが期待されている。(提供/環球網・編集/黄テイ)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/07/01 07:00)

    他所の国はともかく日本は別に5Gの必要性を感じない、携帯電話等スマホを止めてフィーチャーフォン(通称ガラ携)に戻す人も数多い、もちろん時代の流れに応じて技術的なアップデートをする必要はあるが他国に流される事なく日本は日本のスタンスを守って行くべきだと思う
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事