なぜ!?日本旅行でリュックサックをじろじろ見られる中国人―華字紙

配信日時:2019年6月30日(日) 15時20分
なぜ!?日本旅行でリュックサックをじろじろ見られる中国人―華字紙
画像ID  1103802
26日、日本の華字紙・中文導報は、観光客のリュックサックが日本で嫌がられる理由について紹介する記事を掲載した。
2019年6月26日、日本の華字紙・中文導報は、観光客のリュックサックが日本で嫌がられる理由について紹介する記事を掲載した。

記事は、「最近、日本旅行から帰国した中国人観光客の中には、日本人からリュックサックをじろじろ見られたという人が少なくない。とても不快で、『差別』されたと感じたという」と紹介。その理由について説明した。

記事は「リュックサックは旅行の際、荷物が多い時も少ない時も非常に便利で、よく使われる」とする一方、「日本では暗黙のマナーが存在する。それは、特定の場所ではできるだけ背負わないということだ」とした。その上で、「路線バスや電車など、日本の公共交通機関はとても混雑しており、大量に荷物を詰め込んだリュックサックを背負った乗客は占拠するスペースが多くなる。他の乗客の動きも邪魔しかねない。自然と反感を買い、白眼視されるのだ」と説明した。

そして、「他人に迷惑を掛けないことを習慣としている日本人は、電車に乗る際は手提げかばんを持つようにしており、リュックサックで乗車する場合は胸の前で抱えることで他人への影響を低減させる」と紹介。「実際、日本人でもリュックサックを背負っている人は多く見かけるが、その大部分は学生である」とし、「容積は決して大きくないうえ、乗車する際には自発的に足元に置いたりするので、他人の迷惑になることは少ない」と説明している。

さらに、「日本では人と人との距離感が重んじられており、どんな場所でもなるべく体が接触するのを避ける傾向があることにも注意が必要だ」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事