自陣ゴール前から25秒で11本パスつなぎシュート!オランダに敗れベスト16敗退も、中国メディアはなでしこのパスワークを称賛

配信日時:2019年6月26日(水) 18時20分
ベスト16敗退も、中国メディアはなでしこのパスワークを称賛
画像ID  1103646
サッカーの女子W杯フランス大会の決勝トーナメント1回戦で、なでしこジャパンはオランダに1-2で敗れベスト8進出とはならなかった。だが中国のスポーツメディアの網易体育は、なでしこがこの試合で見せたパスワークを称賛している。
サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会の決勝トーナメント1回戦で、なでしこジャパン(日本女子代表)はオランダに1-2で敗れベスト8進出とはならなかった。

だが中国のスポーツメディアの網易体育は、なでしこがこの試合で見せたパスワークを称賛している。

記事は、20分に岩渕真奈が入れたパスを長谷川唯がワンタッチで流し、3人目の動きで抜け出した菅澤優衣香がシュートするも右ポストにはじかれたシーンや、43分に菅澤の落としを受けた岩渕が相手DFのタックルをかわしてエリア内にスルーパスを送り、抜け出した長谷川が同点ゴールを決めたシーンを動画で紹介した上で、「56分に見せた攻撃こそ、なでしこの見事なパスワークのハイライトだ」と指摘した。

それは、なでしこが自陣ゴール前から25秒間に11本ものパスをつないで相手ペナルティエリアに迫りシュートまで持ち込んだ場面で、記事は「参りました」と感心していた。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事