Record China

ヘッドライン:

自陣ゴール前から25秒で11本パスつなぎシュート!オランダに敗れベスト16敗退も、中国メディアはなでしこのパスワークを称賛

配信日時:2019年6月26日(水) 18時20分
拡大
サッカーの女子W杯フランス大会の決勝トーナメント1回戦で、なでしこジャパンはオランダに1-2で敗れベスト8進出とはならなかった。だが中国のスポーツメディアの網易体育は、なでしこがこの試合で見せたパスワークを称賛している。

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会の決勝トーナメント1回戦で、なでしこジャパン(日本女子代表)はオランダに1-2で敗れベスト8進出とはならなかった。

だが中国のスポーツメディアの網易体育は、なでしこがこの試合で見せたパスワークを称賛している。

記事は、20分に岩渕真奈が入れたパスを長谷川唯がワンタッチで流し、3人目の動きで抜け出した菅澤優衣香がシュートするも右ポストにはじかれたシーンや、43分に菅澤の落としを受けた岩渕が相手DFのタックルをかわしてエリア内にスルーパスを送り、抜け出した長谷川が同点ゴールを決めたシーンを動画で紹介した上で、「56分に見せた攻撃こそ、なでしこの見事なパスワークのハイライトだ」と指摘した。

それは、なでしこが自陣ゴール前から25秒間に11本ものパスをつないで相手ペナルティエリアに迫りシュートまで持ち込んだ場面で、記事は「参りました」と感心していた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<なでしこジャパン>祝・優勝!アジアの歴史を塗り替える快挙だ!―中国メディア

18日、サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」がワールドカップ(W杯)決勝で米国を破り、初優勝を果たした。中国女子代表が持っていたアジア女子の最高記録を破った形となる。写真は「なでしこジャパン」の優勝を伝える中国メディアの記事。

Record China
2011年7月18日 12時51分
続きを読む

ランキング