Record China

ヘッドライン:

【動画】「食べ物ではなく暴力」韓国のスシローでデモをする女性が物議

配信日時:2019年6月26日(水) 18時50分
拡大
2019年6月26日、韓国・KTV国民放送によると、「食べ物ではなく暴力だ」と書かれたプラカードを手にした女性たちが飲食店でデモをする3本の動画が拡散し、物議を醸している。

韓国のインターネット上に19日に掲載された映像には、菜食主義者の女性が韓国のスシローに乱入し、食事中の客らに対し「みなさんの前にある食べ物は食べ物ではなく、個性や感情のある動物だ」「食べ物ではなく暴力だ」などと訴える様子が映っている。さらに女性は、「違法行為だ」として店から出て行くよう求める店員に対し「むやみに体に触れるな」「ここは暴力が行われている現場だ」などと叫んでいる。

他の2本の映像にも、別の女性が焼き肉店に乱入して「人間に人間らしく生きる権利があるように、豚には豚らしく、牛には牛らしく生きる権利がある」と主張し、制止する店員らともみ合いになる様子が映っている。

これを見た韓国のネットユーザーからは「営業中の店で何をしているのか。店主と客にとってはその行動が暴力だ」「これはただの営業妨害デモ」「動物の権利は主張するのに、映像に映る人たちの肖像権は気にしないの?」「このデモにより共感ではなく反感を買った」など女性たちへの批判的な声が数多く寄せられている。

一方で「奇抜なやり方だけど間違ったことは一つも言っていない」「食べ放題の店に行って肉類をむやみに摂取することについては考えてみる必要がある」「こうでもしないと動物保護問題は公論化されない」などと擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国“菜食主義者”を翻訳したスミス氏「韓国のノーベル賞への執着に驚き」=韓国ネット「自国の文学には興味ないのに」「韓国人は目立つものに執着」

15日、韓国メディアによると、韓国の女性作家・韓江さんの「菜食主義者」を翻訳し、英国の「ブッカー国際賞」を共同受賞した英国人のデボラ・スミスさんが、「韓国のノーベル賞に対する執着の強さに驚いている」と明らかにした。資料写真。

Record China
2016年6月17日 8時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング