中国映画評価サイトのアニメランキングで「千と千尋の神隠し」を抑えて1位になっている日本の作品とは?

配信日時:2019年6月26日(水) 12時10分
中国映画評価サイトで「千と千尋」を抑え1位になっている日本アニメ
画像ID  1103479
21日に中国で劇場公開が始まったスタジオジブリのアニメーション映画「千と千尋の神隠し」が好調な滑り出しを見せる中、中国の映画評価サイトで同作を上回る評価を獲得しているアニメ映画がある。写真は「千と千尋の神隠し」のチケット。
21日に中国で劇場公開が始まったスタジオジブリのアニメーション映画「千と千尋の神隠し」が好調な滑り出しを見せる中、中国の映画評価サイトで同作を上回る評価を獲得しているアニメ映画がある。

「千と千尋の神隠し」は公開初日から5日間連続で興行ランキング1位を獲得。同日に公開された米ピクサーアニメの「トイストーリー4」に興行収入でほぼ2倍の差をつけ「圧勝」している。映画評価サイト・豆瓣(douban)電影でも110万人以上が評価をつけ、10点満点中9.3点と高い点数を獲得。しかし、アニメーション映画部門のランキングでは26日時点で3位。同作を抑えて1位になっているのは、「ドラえもん」の短編映画「おばあちゃんの思い出」だ。

「おばあちゃんの思い出」は2000年3月に、「ドラえもん のび太の太陽王伝説」と同時上映された作品。のび太が幼いころ大事にしていたクマのぬいぐるみが捨てられそうになっているのを発見、おばあちゃんとの記憶を思い出し、タイムマシンで会いに行くというストーリー。ラストで小学5年生になったのび太だと打ち明けた際、「疑わないの?」と聞くのび太に対し、おばあちゃんは「のびちゃんの言うこと、誰が疑うもんですか」と笑顔で答える。

この作品は豆瓣電影で9.4点を獲得しており、実際に見たユーザーからは「おばあちゃんが恋しくなった」「子どものころに漫画版を見てずっと印象に残っていた。ドラえもんの中で間違いなく一番素晴らしい作品の一つ」「小学3年生の時に漫画を読んだ。みんなに背を向けて大泣きした」「のび太は本当に心優しい子。これを見て、なくなった親戚たちを思い出した」といったコメントが寄せられている。

なお、2位は同じく9.4点を獲得している米国のアニメ映画“Daria:Is it College Yet?”(2002年)となっている。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 三笠***** | (2019/06/28 00:14)

    あれ大長編のドラえもん映画の短編併映作品だったけどそこまでの人気とはびっくりだな。 とはいっても単純でわかりやすい内容の方が受け入れられやすいってことの証ではあるよな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/06/26 21:07)

    『おばあちゃんの思い出』はドラえもんが最初にTVアニメ化されたとき見たことがある。自分の正体を隠しておばあちゃんに会ったのび太が『何か欲しいものはない』と尋ねたところ『わたしの夢はのび太がランドセルを背負った姿を見ることだ』と答えた。しかしおばあちゃんはのび太が幼稚園のときに亡くなる運命なのだ。それでのび太は現代にランドセルを取りに戻るのだった。のび太にしては勇気を出したものだと感心したが、ラストはおばあちゃんに『のび太のお嫁さんも見たくなった』と言われて、しずかちゃんに土下座するシーンだった。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事