「千と千尋の神隠し」が中国で大ヒット! 「トイ・ストーリー4」に圧勝―中国メディア

配信日時:2019年6月25日(火) 14時30分
「千と千尋の神隠し」が中国で大ヒット! 「トイ・ストーリー4」に圧勝
画像ID  1103203
24日、新京報は、同じ日に中国で公開された「千と千尋の神隠し」と「トイストーリー4」の興行収入にはっきりと明暗が出たと報じた。
2019年6月24日、新京報によると、同じ日に中国で公開された「千と千尋の神隠し」と「トイストーリー4」の興行収入にはっきりと明暗が出たようだ。

2001年にスタジオジブリが発表した宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」と、ディズニー・ピクサーの代表作シリーズ最新作「トイストーリー4」の2大アニメ映画作品がそれぞれ21日に中国で公開された。

記事によると、公開から4日間で「トイストーリー4」は9840万元(約15億3000万円)の興行収入を獲得したのに対し、「千と千尋の神隠し」はその倍以上となる2億1000万元(約32億7000万円)に達し、「千と千尋の神隠し」が大差をつけてリードしている状況だという。

両者に明暗がはっきりと出た理由について、記事は北米では非常に高い評価を受けている『トイストーリー』シリーズが中国本土ではこれまで必ずしも大人気を博してこなかったこと、「千と千尋の神隠し」は史上初めて非英語映画でアカデミー賞最優秀長編アニメ賞を獲得しベルリン映画祭でも賞を獲得したほか日本映画史上の興行収入を樹立したという輝かしい経歴を引っ提げての中国上陸だったことに言及。「口コミの面でもクオリティーの面でも、公開前から『千と千尋の神隠し』が勝っていた」と評した。

長い間業界に携わっている映画館関係者は「日本のアニメが持つ中国の観客との距離感は、ハリウッドのアニメよりもさらに近い。作品に登場するオリエンタルな要素が、文化的なアイデンティティーを抱かせる。また、自身の人生経験や認識にダブらせながら映画を鑑賞する人もおり、これも『千と千尋の神隠し』が幅広い年齢層に親しまれている理由だ」と語った。

さらに、ピクサーが中国本土の観衆を意識しだしたタイミングが日本のアニメよりもかなり遅く、観客層の柱である20~30代の記憶の中には日本のアニメが色濃く残っていることにも言及している。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事