Record China

ヘッドライン:

サンデンが中国で電気自動車向けヒートポンプシステムを本格展開、その他

配信日時:2019年6月25日(火) 18時10分
拡大
サンデンが中国でEV向けヒートポンプシステム展開 / 塩野義製薬、慢性肝疾患患者向けの医薬品で中国企業と契約 / スタイラーが上海の大型商業施設と業務提携 / 日中の旅行予約サイトがシステム連携 / フォーサイド連結子会社が対中華圏越境EC事業を開始 / アジア中途人材紹介サービスのリーラコーエンが深センに現地法人 / 堀場製作所が中国で統括・ファイナンス・資金管理の法人設立

●サンデン、中国で電気自動車向けヒートポンプシステムを本格展開
サンデン・オートモーティブクライメイトシステム(SDAS)は2019年6月21日付で、中国・上海汽車電気自動車ROEWE MARVEL XとEi5向けのカーエアコン用ヒートポンプシステムの本格展開を2月に開始したと発表した。生産・組み立ては同社上海法人の華域三電汽車空調が行っている。

電気自動車はエンジンの排熱を利用できないため、暖房用の熱源が不足しがちだ。通常は電気ヒーターで補うが駆動用バッテリー消費が大きくなり、走行距離が低下する問題がある。SDASのヒートポンプシステムは、中国市場初の製品で、外気から熱を「くみ上げる」ことで電力を節約して暖房できる。

●塩野義製薬、慢性肝疾患患者向けの医薬品で中国企業とライセンス契約
塩野義製薬は24日トロンボポエチン受容体作動薬LusutrombopagとHER2/EGFR阻害剤のEpertinibについてEddingpharm(億騰、本社・上海市)とライセンス契約を締結したと発表した。億騰については「中国、香港、マカオにおける本薬の独占的販売権を獲得」とした。

Lusutrombopagは塩野義製薬が開発。待機的な観血的手技(外科的機器やメスなどを用いて計画的に患部を切開する、出血を伴う治療)を予定しており出血リスクが高いと考えられる慢性肝疾患患者に投与することで、血小板減少症を改善できるという(治療法によっては使用できない場合あり)。

●スタイラー、上海で9月開業の大型商業施設と業務提携
スタイラーは21日、中国の大手小売グループ上海百聯集団と盈展の運営する大型商業施設Theatre Xと業務提携すると発表した。

Theatre Xは上海の中心地、淮海路に開業する商業施設。テクノロジー、サステイナブル、ユース・カルチャーをテーマとしており、市場が急速に拡大する中国のライフスタイル市場に関連する開発プロジェクトの位置づけだ。三期にわたり周辺地域のリノベーションが予定されており、第一期は9月の開業予定。

日本の衣食住に関するライフスタイル・ブランドは、スタイラーを経由してTheatre Xで開業できることになった。現地での資金調達やマーケティング、オペレーションなどの支援も可能。

●日中の旅行予約サイトがシステム連携―手間いらず・智遠行
手間いらずは24日、複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる同社の「TEMAIRAZU」シリーズが、YXTRAVEL JAPANの提供する旅行代店向け予約システム「Distribution Travel Solution」と、同日付でシステム連携をと発表した。

YXTRAVEL JAPANは「智遠行」ブランドで知られる青島智遠旅游諮詢の日本法人。「Distribution Travel Solution」は主に中国、韓国、東南アジア諸国からの訪日マーケットをターゲットに、多数の販売チャネルを確保。アジア諸国に約1000の販売チャネルを獲得するなどBtoB の販売ルートを拡大しているという。

システム連携により、「TEMAIRAZU」シリーズを導入している宿泊施設は、販売チャネルの選択肢が増え、ZYXTRAVEL JAPAN を通してアジア諸国からの集客が可能になるので稼働率向上や売上増加への貢献が期待できるという。

●フォーサイド、連結子会社のブレイクが対中華圏越境EC事業を開始
フォーサイドは24日、連結子会社のブレイクが中華圏での事業を拡大する戦略の一環として中華圏に向け越境EC事業を開始したと発表した。

中国大手物流「順豊エクスプレス(SF Express)」傘下で、コスメや美容系商品または生活消費財からブランド商品を輸入販売するEコマース事業を運営する上海牽趣網絡科技との業務提携により進める。

●アジア中途人材紹介サービスのリーラコーエンが深センに現地法人を開設
ネオキャリアは24日、アジア各国における中途人材紹介サービスブランド「REERACOEN(リーラコーエン)」の新たな営業拠点として広東省深セン市に現地法人を開設したと発表した。

●堀場製作所、中国グループ会社の統括、ファイナンス、資金管理の法人を設立
堀場製作所は21日、上海市に子会社を設立すると発表した。業務内容は中国グループ会社の統括、ファイナンス、資金管理業務。

会社名は厚礼博(中国)投資で所在地は上海市嘉定区。資本金は3000万ドル(約33億円)で堀場製作所製作所の100%出資。7月の設立を予定。

同社グルプは2020年に向けた中長期経営計画における重点施策の一つに、資産効率の向上による企業価値の最大化を挙げている。上海での子会社設立はその一環。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

大塚久美子社長も北京の展示会に出席…大塚家具が中国市場の開拓に注力、その他

大塚家具は「北京国際家居展暨新零售博覧会」に出展する。大塚久美子社長も商談などを行う。中国での業務展開に向けて共同パートナー の開拓などの好機との考え。初日だけで来場者が6万人を突破したという。写真は2018年の同博覧会会場から。

Record china
2019年6月18日 9時20分
続きを読む

日本の中小メーカーに対中ECワンストップ販路を提供、ラクーンコマースとアドウェイズが包括業務提携

ラクーンコマースとアドウェイズは中国の主要なBtoC向けECモールで商品販売を行うスキームによる包括業務提携を行う。日本の中小メーカーに、中国市場への新たな販路をワンストップで提供する。写真は中国国内のEC商品センター。

Record china
2019年6月14日 18時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング