Record China

ヘッドライン:

米国、ファーウェイに続き中国スパコン企業など5団体をブラックリスト追加―露メディア

配信日時:2019年6月23日(日) 16時40分
拡大
22日、米国は、通信機器大手のファーウェイに続き、中国のスーパーコンピューター開発企業など計5団体を、米国のサプライヤーからの部品調達を禁止する「ブラックリスト」に追加する。資料写真。

2019年6月22日、露通信社スプートニクの中国語版サイトは、米国が、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に続き、中国のスーパーコンピューター開発企業など計5団体を、米国のサプライヤーからの部品調達を禁止する「ブラックリスト」に追加すると報じた。

記事によると、ブラックリストに追加されるのは、中国スパコン大手の中科曙光とその傘下の3団体、および無錫江南計算技術研究所。

米商務省はこれらの団体について「米国の国家安全保障、外交政策上の利益に反すると判断される活動に関わっている」とし、開発されたコンピューター技術が軍事分野の近代化に利用されているとの認識を示しているという。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】中国に圧力をかけ続けても、逆の効果を生み出すだけだ

 米国商務省は現地時間21日、国家の安全に関係するとして、中国の企業やその他組織5カ所を輸出入規制のエンティティー・リスト(実体リスト)に追加し、米国のサプライヤーに対する部品販売の禁止を決定した。同決定は6月24日に発効する。 米国はファーウェイ(華為/HUAWEI)をエンティ...

CRI online
2019年6月22日 18時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング