ヒマラヤの氷河、今世紀に入り融解ペースが2倍に

配信日時:2019年6月22日(土) 5時0分
ヒマラヤの氷河、今世紀に入り融解ペースが2倍に
画像ID  1102454
19日に発表された研究結果によると、ヒマラヤの氷河の溶けるペースは今世紀初頭の2倍になっており、気候変動がアジア数億人の水資源供給を脅かしていることが浮き彫りになった。
19日に発表された研究結果によると、ヒマラヤの氷河の溶けるペースは今世紀初頭の2倍になっており、気候変動がアジア数億人の水資源供給を脅かしていることが浮き彫りになった。北京青年網が伝えた。

科学者は長期にわたり、石炭・石油・天然ガスの燃焼による世界的な温暖化がどの程度のペースで同地域の氷を侵食しているかを確定しようと試みてきた。

今回発表された新たな研究は、インド、中国、ネパール、ブータンの40年間の衛星観測データを対象としたもの。分析によると、氷河の融解は2000年以降、垂直の厚みにして毎年1.5フィート(45.72センチ)以上に達している。これは1975−2000年の間の2倍に当たる。温かい季節になると氷河融解のペースが上がり、河川の水位が上昇する。科学者は、この現象が灌漑や水力発電、飲用水供給に長期的な影響を及ぼすことを懸念している。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/06/22 15:01)

    >科学者は、この現象が灌漑や水力発電、飲用水供給に長期的な影響を及ぼすことを懸念している 地球温暖化で南極北極の氷が融けて、世界の沿岸都市が水没すると言われたのは15年ほど前のことだ。科学者はいつでも根拠に乏しいことを言って一般人を不安にさせる。地球上の石油資源は40年で枯渇すると言われたのは、今から40年以上前のことである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事