中学校のグラウンドの手抜き工事を告発した教師が失踪、16年後にグラウンドの下から遺体発見―中国

配信日時:2019年6月21日(金) 11時50分
校庭の手抜き工事を告発した教師が失踪、16年後に校庭の下から遺体―中国
画像ID  1102248
中国湖南省懐化市新晃トン族自治県で、中学校のグラウンドの手抜き工事を指摘した教師が失踪し、16年後にその校庭の下から遺体で発見される事件があった。
中国湖南省懐化市新晃トン族自治県で、中学校のグラウンドの手抜き工事を指摘した教師が失踪し、16年後にそのグラウンドの下から遺体で発見される事件があった。20日付で観察者網など複数のメディアが伝えた。

同県の警察当局が20日に明らかにしたところによると、2019年4月に別の事件で取り調べを受けた男が、2003年1月に失踪したトウ世平(ドン・シーピン)さんを殺害し、中学校のグラウンドに埋めたと供述した。当局などが20日午前0時に中学校のグラウンドを捜索したところ、供述通り地面の下から遺体を発見。現在、身元の確認作業が行われているが、当時、グラウンドの手抜き工事を指摘した後に失踪したトウさんである可能性が高いようだ。

トウさんの弟によると、工事を担当したのは当時の校長の甥だった。同校の教師だったトウさんは工事に問題があるとして承諾書へのサインを拒否し、県に通報した後に、行方が分からなくなったという。弟は「どこを探しても兄は見つからず、殺害されたのではないかと思った。県に通報したことと関係があると思い、ずっと訴え続けた。先日、校長の甥が別の事件で捕まって、遺体が出てきた」と語った。

成都商報によると、当時の黄炳松(ホアン・ビンソン)校長も事件にかかわった疑いで当局の調査を受けているという。

なお、このニュースは中国で大きな注目を集め、21日午前9時現在、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングで関連のワードが1位と4位に入っている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/06/22 19:28)

    あと貴乃花親方を批判していた連中は事もあろうに「忖度あってこその大相撲貴乃花親方は独り善がり」とのたまっていた、真剣勝負でない格闘技のどこに魅力があると言うのだろう、去年アマチュアボクシングの不正が取り沙汰された時アマチュアボクシングのボスが吊し上げられたが、やってる事は同じなのになんで大相撲の八百長がスルーされるのか理解出来なかった、アマチュアボクシングのボスの味方をするつもりは無いが、八百長だと分かっているのに大相撲を観て何が楽しいのか自分は理解不能である
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/06/21 12:21)

    その昔日本でも大相撲の不正を告発しようとした、大鳴門親方とジャーナリストが病死に見せ掛けて殺される事件があった、個人的に大相撲というのは爽やかや清々しさ清潔感とは10万光年ぐらい離れている醜い見世物だと思っている
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事