Record China

ヘッドライン:

日本がベトナム・フィリピンに巡視船を提供へ、台湾は漁船の操業保護が難しく―台湾メディア

配信日時:2013年5月13日(月) 20時10分
拡大
1/3枚
2013年5月12日、台湾のテレビ局・東森電視台によると、台湾屏東県琉球郷所属の漁船「広大興28号」が9日にフィリピンの沿岸警備隊の警備艇から銃撃されたが、フィリピンとベトナムが日本から巡視船を購入すれば、台湾は自国の漁船の操業を保護することが現在よりもさらに難しくなってしまうかもしれない。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

フィリピン船が台湾籍漁船を襲う事件は度々発生しているが、現在周辺海域では台湾の海上警備艇が数量、装備いずれでも他を圧倒している。台湾海巡署南巡局には速射砲や機関銃を備えた排水量900〜2000トンの巡視船が3隻あるほか、100〜500トンの小型巡視艇を27隻保有している。

一方、フィリピンは排水量100〜500トンの小型巡視艇を10隻保有しているだけで、台湾と比べてかなり見劣りするが、南シナ海の領有権問題でフィリピンとベトナムが日本の海上保安庁から大型巡視船の供与を受けることになれば、台湾はこれまでのように強い姿勢をとることが難しくなることが予想される。台湾漁船の操業を保護することも難しくなると伝えられている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング