Record China

ヘッドライン:

過去1年以内に世界で発生した地震の約1割が四川省で―中国メディア

配信日時:2019年6月19日(水) 18時50分
拡大
中国四川省宜賓市長寧県で17日夜、マグニチュード6.0の地震があった。これに関連し、中国紙・南方都市報は18日、「四川省で過去1年以内に発生した地震の回数は世界全体の1割近くを占めている」と報じた。資料写真。

2019年6月17日夜、中国四川省宜賓市長寧県でマグニチュード(M)6.0の地震があった。これに関連し、中国紙・南方都市報は18日、「四川省で過去1年以内に発生した地震の回数は世界全体の1割近くを占めている」と報じた。

今回の地震では、18日午前8時30分(現地時間)までに12人が死亡し、125人が重軽傷を負ったことが確認された。

記事は、「中国地震台網によると、過去1年以内に世界で発生した地震は1043回で、うちM6.0以上は138回に上る。中国大陸部内でM6.0以上の地震が発生したのは昨日の四川・宜賓での1回だけだ。だが注目に値するのは、過去1年以内に世界で発生した地震1043回のうち、四川省内で観測されたものが91回で、うち宜賓では33回だ。つまり、四川省内で過去1年以内に発生した地震の回数は世界全体の1割近くを占め、宜賓は四川省内で発生した地震の回数の3割以上を占めていることになる」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

中国四川で約1分前に緊急地震速報、日本人も驚く―中国メディア

中国四川省宜賓市長寧県で17日夜、マグニチュード6.0の地震があった。この地震では、省都の成都市で揺れが到達する約1分前に緊急地震速報が出されたが、中国メディアの環球網は、これについて日本のSNS上で驚きの声が多く寄せられていると伝えた。資料写真。

Record China
2019年6月19日 9時50分
続きを読む

ランキング