「老後2000万円」に驚いた日本、韓国では「3000万円」が必要に?

配信日時:2019年6月19日(水) 7時40分
「老後2000万円」に驚いた日本、韓国では3000万円が必要に?
画像ID  1101343
18日、日本で老後資金に2000万円が必要とした金融庁の報告書が波紋を広げる中、韓国・朝鮮日報は「韓国の場合は3億3000万ウォンが必要だ」とする記事を掲載した。写真は韓国ウォン。
2019年6月18日、日本で老後資金に2000万円が必要とした金融庁の報告書が波紋を広げる中、韓国・朝鮮日報は「韓国の場合は3億3000万ウォン(約3000万円)が必要だ」とする記事を掲載した。

記事によると、日本の年金に詳しい韓神大学のペ・ジュンホ名誉教授が、日本の金融庁と類似の方法で韓国の老後資金を推算したところ、韓国では3億3000万ウォンが必要になることが分かった。

日韓でこれほどの差が出た理由について、記事は「老後に受け取れる年金の額の差」だと説明している。日本の高齢夫婦は国民年金と厚生年金を合わせて約19万1880円受け取るが、韓国の高齢夫婦は計85万ウォン(約7万8000円)ほど。日本の厚生年金は1942年、韓国の国民年金は1988年に導入された。また、日本の厚生年金の保険料率が所得の18.3%なのに対し、韓国の国民年金は所得の9%になっている。

ペ教授は「寿命が延びていることを考えると、韓国の場合はさらに1億~1億5000万ウォン、つまり4億3000万~4億8000万ウォンを蓄えておく必要がある」と説明。さらに「この不足を補うために韓国の老年層は70代前半まで働き続けなければならず、経済協力開発機構(OECD)の中で高齢労働者の割合が最も多い国になる」と指摘した。その上で、こうした問題を解決するため「住宅年金(所有する住宅を担保に生活資金を受け取る年金制度)への加入を活性化させるべき」と主張したという。

これに韓国のネットユーザーからは「本当なら大変な問題」「韓国は税金が高いのに、どうやって3億ウォンも貯める?」「子どもを育てるので精いっぱいなのに、自分の老後を考える余裕なんてない」など不安げな声が上がっている。

一方で「日本と韓国では制度や状況など違うことだらけ。比較はできないよ」「老後のことばかり心配していると病気になる。適当に計算して生きた方がいい」「韓国のお年寄りは住宅を所有している人が多い。住宅年金を申請すればすぐに解決!」など楽観的な声も多く見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事