Record China

ヘッドライン:

高齢ドライバー事故多発、日本政府が対策=中国ネット「公共交通機関が発達していない地域はどうなる」「高齢者の移動手段の確保は難題」

配信日時:2019年6月19日(水) 8時10分
拡大
18日、高齢ドライバーによる事故が多発していることを受け、日本政府が交通安全緊急対策をまとめたことが、中国でも注目を集めている。資料写真。

2019年6月18日、高齢ドライバーによる事故が多発していることを受け、日本政府が交通安全緊急対策をまとめたことが、中国でも注目を集めている。

中国新聞網は18日、「日本政府の調査によると、80歳以上の4人に1人が車を運転していると答えるなど、高齢者にとって車が不可欠な存在になっている」とした上で、高齢ドライバーによる事故が多発していることを受け、日本政府が、交通安全対策に、高齢者が安全機能の付いた車のみ運転できる限定免許や、保育園などの周辺で車の通行を規制するキッズゾーンの創設を盛り込んだことを紹介した。

これについて、中国では70歳までしか運転が認められていないことから、SNS上では、日本の状況に驚きの声が多く上がっている。

また、「公共交通機関が発達していない地域で、高齢者の移動手段を確保するのは難しい問題だ」との指摘も見られた。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

日本の高齢運転手の事故に関連してあるツイートが話題に―中国ネット

東京・池袋で87歳の男性が運転する車に通行人が次々とはねられ、31歳の母親と3歳の娘が死亡した事故に関連し、中国版ツイッターのウェイボーでは、日本のツイッターに投稿された「まだまだ元気な80目前の祖母が免許を返納した理由」が話題になっている。資料写真。

Record China
2019年4月22日 18時40分
続きを読む

ランキング