中国機が宮古海峡通過、専門家が分析した「目的」とは―中国メディア

配信日時:2019年6月18日(火) 11時40分
中国機が宮古海峡通過、専門家が分析した「目的」とは―中国メディア
画像ID  1101158
17日、観察者網は、中国軍のY-9情報収集機が宮古海峡を越えたことについて、その意図を解説する記事を掲載した。写真はY-9。
2019年6月17日、観察者網は、中国軍のY-9情報収集機が宮古海峡を越えたことについて、その意図を解説する記事を掲載した。

記事は、日本の防衛省統合幕僚監部が、16日に中国軍のY-9情報収集機が宮古海峡を越えて西太平洋に出たため、航空自衛隊が戦闘機を緊急発進させて対応したと発表したと紹介した。

そして、同部が発表した資料ではY-9の飛行ルートも公開され、沖縄本島と宮古島の前の宮古海峡空域を南下し、東シナ海から第一列島線を突破して西太平洋空域に進入し、那覇南東部空域を往復飛行した後、再び宮古海峡空域から東シナ海上空に戻ったとされていることを伝えた。

そのうえで、今月10日に宮古海峡を越えて西太平洋に入り、自衛隊が艦船を派遣して監視を行った中国の空母「遼寧」戦闘群が現在もなお西太平洋にとどまり、定例の訓練を実施中であることを紹介。また、先月29日にもY-8電子戦機が対馬海峡を越えており、この2週間で「高新」系電子戦機2機が宮古海峡を越えて西太平洋に出たことになると説明した。

記事は、軍事専門家が「現在『遼寧』戦闘群は北部戦区の駆逐艦支隊を引き連れ西太平洋で集中訓練をしている。これに伴い、日米の戦闘機や特殊作戦機、艦船が出動し、戦闘群の動向を監視するとともに電磁信号を収集している。このために中国軍は電子戦機を出動させて日米の戦闘機に対応すべく電磁信号を収集し、戦闘群を支援しようとしたのだ」と分析したことを伝えている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • はやぶ***** | (2019/06/19 11:31)

    考え過ぎかも知れないが、今になって急に年金問題が騒がれているのは自民党特に安倍総理を失脚させて憲法9条改正を阻止したい野党や左翼活動家の陰謀なのかも知れない、あくまでも憶測だが
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大東亜***** | (2019/06/18 12:27)

    嘗ての李承晩ラインの如く、ちゃんころどもが気分で決めた、第一列島ライン、第ニ列島ラインとかに含まれるので、何をやっても実力では対抗してこないと高を括っているヤツラの火遊び。 さっさと撃ち落として、 あー、間違えちゃった笑笑 で誤魔化してほしいものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事