Record China

ヘッドライン:

「一つの中国」がきっかけ?台湾版アカデミー賞・金馬奨、今年は中国がボイコットか

配信日時:2019年6月18日(火) 20時20分
拡大
17日、今秋に開催される台湾版アカデミー賞・金馬奨について、今年は中国側が事実上のボイコットを行うと台湾メディア各社が報じている。写真は昨年の金馬奨授賞式より。
(1/4枚)

2019年6月17日、今秋に開催される台湾版アカデミー賞・金馬奨について、今年は中国側が事実上のボイコットを行うと台湾メディア各社が報じている。

その他の写真

中華圏を代表する映画祭の一つ、今年で56回目となる金馬奨は11月23日、台北市で授賞式を開催する。これに対し、中国版アカデミー賞となる金鶏百花奨も今年、金馬奨と同じ11月23日に授賞式を行う見込みであることが分かった。

中国語映画を対象とする金馬奨ではここ数年、中国の映画人たちも数多く参加し、主要部門で受賞してきたが、今年は1人も姿を見せないことになる恐れもある。中国側の事実上のボイコットと見られている。

ボイコットの理由については、昨年の金馬奨で話題になった「一つの中国」問題が中国側を怒らせたからではないかと台湾メディアが報じている。昨年、最優秀ドキュメンタリー作品賞を受賞した台湾の女性監督フー・ユー(傅楡)が授賞式で、「私たちの国が独立した国と見なされてほしい」と語り、政治問題がクローズアップされる発端に。これを受けて中国映画のアフターパーティーが相次いで中止されたほか、4部門を制した巨匠チャン・イーモウ(張芸謀)監督の映画「影」(Shadow)の祝賀パーティーは台湾メディアを完全に閉め出すなど、緊張感の漂うものとなった。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

同性愛公表のツァイ・ミンリャン監督が「初恋」エピソード、同性婚合法化への住民投票にも影響か―台湾

22日、同性愛者であることを公表している台湾のツァイ・ミンリャン監督が、小学生の頃の初恋エピソードを紹介。目前に迫る同性婚の可否を問う住民投票に影響を与えることになりそうだ。写真はツァイ・ミンリャン監督。

Record China
2018年11月23日 17時30分
続きを読む

急浮上した「中台問題」の余波、ドラマ「如懿伝」の記者会見中止、主演ジョウ・シュンら姿見せず―台湾

18日、政治問題で揺れた“台湾のアカデミー賞”金馬奨の余波を受けて、ドラマ「如懿伝」の記者会見が急きょ中止に。主演俳優や女優が会場に到着しながら、姿を見せないという異常事態となった。写真は金馬奨授賞式のジョウ・シュン。

Record China
2018年11月19日 11時0分
続きを読む

「愛国アピール」でイメージ回復に必死?女優ファン・ビンビン、1カ月半ぶり投稿「1つの中国」―台湾

17日、脱税騒動で世間を騒がせた中国の女優ファン・ビンビンが、“台湾のアカデミー賞”金馬奨で発生した騒動に「便乗」してイメージアップを図っていると、ネットユーザーの批判を浴びている。写真はファン・ビンビン。

Record China
2018年11月18日 18時30分
続きを読む

ランキング