Record China

ヘッドライン:

仙台のセブン-イレブンの「外国人スタッフ紹介」に賛否両論、中国でも注目

配信日時:2019年6月17日(月) 21時10分
拡大
17日、仙台のセブン-イレブンのある店舗が、外国人スタッフについてだけ、名前や顔写真、出身地を掲載し、日本語や英語のレベルを点数化して紹介し賛否両論を巻き起こしていることが、中国版ツイッターのウェイボーでも注目を集めている。

2019年6月17日、仙台のセブン-イレブンのある店舗が、「当店を支える外国人スタッフの紹介です」として、外国人スタッフについてだけ、名前や顔写真、出身地を掲載し、日本語や英語のレベルを点数化したり、マナーや外見についても紹介し賛否両論を巻き起こしていることが、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)でも注目を集めている。

日本のSNS上では、これについて「もっとこういうお店が増えればいいな」「アットホームな雰囲気」などと好意的な受け止めがある一方で、「個人情報を晒していることに違和感」「語学力を点数化するのはいかがなものか」などの否定的な声もあり、議論を呼んでいる。

中国のウェイボー上でも、「心温まる」などのコメントが多く書き込まれている一方で、「お客に店員に対して親しみを持ってもらおうという意図なのだろうが、日本人店員に対しても同じことができるのだろうか。英語力を点数化して貼り出しできるの?個人情報、外国人には適用しなくていいと思っているのかな。悪気がないのは分かるんだけど、グローバル化ってこういうことではない」とする日本人の投稿を中国語に翻訳して紹介する人もいた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング