「私は日本のことが嫌いだが…」=訪日中国人が体感した日本人のモラルとサービス―中国ネット

配信日時:2019年6月19日(水) 0時0分
「私は日本のことが嫌いだが…」=訪日中国人が感じた日本人のモラル
画像ID  1100926
16日、中国のポータルサイト今日頭条に「日本人のモラルやサービス態度は本当に素晴らしいのか」とし、実際のエピソードから「確かにその通りだ」と伝える文章が掲載された。写真は東京。
2019年6月16日、中国のポータルサイト・今日頭条に「日本人のモラルやサービス態度は本当に素晴らしいのか」とし、実際のエピソードから「確かにその通りだ」と伝える文章が掲載された。

文章の作者は、旅行コラムニストの蘇丹卿(スー・ダンチン)氏。蘇氏は、日本人のモラルやサービス態度を知る手掛かりになる3つのエピソードを以下のように紹介した。

「大阪から電車で京都に向かおうとした際に電車を乗り間違えていた。改札で道を尋ねると駅員が電車を乗り間違えていると教えてくれたうえ、自動改札機に回収されたきっぷを取り出して返してくれ、再び電車に乗れるようにしてくれた。しかも、乗り換えの方法や所要時間まで教えてくれた」

「大阪の駅は多くの電車が乗り入れているために、乗り場を間違える可能性がある。そこでホームで高齢の男性に聞いてみたところ、このホームからは目的の電車に乗れないことを教えてくれたうえ、正しいホームにまで連れて行ってくれた。それだけではない、信じられないことに一緒に電車に乗ってくれたのである」

「大阪にしろ京都にしろ、駅のスタッフはみんな笑顔で出迎えてくれたうえで、サービス態度も本当によかった。英語を話せない人が多かったが、できる限り言いたいことを伝えようとしてくれた」

そのうえで蘇氏は「個人的には、私は日本のことが嫌いだが、文化的な部分では、中国の唐代文化をしっかり保護していることに対し、敬服せざるを得ない。日本の観光環境がどれほどかを問わず、日本人が持つ高いモラル、素晴らしいサービスの一面を垣間見たとき、われわれ中国人も大国としての風格を備えつつ、中国の文化や文明を表現し、日本だけでなく全世界に向けて発信できるようになってほしいという思いを抱いた」と評している。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事