Record China

ヘッドライン:

日本とベトナムが軍事協力を強化、海自艦「いずも」が南シナ海に面する軍事要衝に寄港―中国メディア

配信日時:2019年6月16日(日) 12時40分
拡大
15日、中国メディアの観察者網は、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が南シナ海に面するベトナム中部の軍事要衝カムラン湾に寄港したことを紹介し、「中国が台頭する中、日本とベトナムが軍事協力を強化している」と報じた。写真は「いずも」。

2019年6月15日、中国メディアの観察者網は、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が南シナ海に面するベトナム中部の軍事要衝カムラン湾に寄港したことを紹介し、「中国が台頭する中、日本とベトナムが軍事協力を強化している」と報じた。

記事は日本メディアの報道を引用し、「いずも」について「空母化の改修が行われることが決定している」とし、カムラン湾への寄港について「南シナ海を実質的に支配する中国をけん制する狙いもある」と紹介。さらに「『いずも』は4月末に日本を離れ、インド洋と南シナ海で各国との海洋連合訓練に参加した。カムラン湾に寄港する前には、米海軍の原子力空母『ロナルド・レーガン』との共同訓練を実施している」などと伝えた。

そして、中国の軍事専門家の尹卓(イン・ジュオ)氏が以前、中国中央テレビとのインタビューで、「日本は南シナ海の問題を過大に扱うことで、東シナ海での中国の軍事圧力とのバランスを取ろうとしている。これは日本の長期的な画策だ」との見方を示したことを紹介した。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日本の『空母』、低強度作戦環境の対地攻撃など3作戦モデル採用」と中国メディア、中国には対抗できないと自信も

事実上の空母化が決まった海上自衛隊の「いずも型」護衛艦について、中国メディアは「低強度作戦環境の対地攻撃など三つの作戦モデルを採用する」との見方を示した。一方で中国には対抗できないと自信ものぞかせた。写真は「かが」(出典:海上自衛隊ホームページ)。

Record China
2019年6月10日 7時30分
続きを読む

緊迫の度増す南シナ海、「中国が核ミサイル原潜配備」と海外メディア、米国は「航行の自由作戦」で対抗

南シナ海で米中のせめぎ合いが緊迫の度を増している。海外メディアは「中国が核ミサイル搭載の原子力潜水艦を配備」と報道。米国は中国が実行支配下の置く島しょ周辺で「航行の自由の作戦」を繰り返している。写真は中国海軍。

Record China
2019年5月12日 7時30分
続きを読む

ランキング