Record China

ヘッドライン:

バドミントン男子のリー・チョンウェイ選手、涙の引退宣言

配信日時:2019年6月14日(金) 18時10分
拡大
北京時間6月13日、バドミントン男子のスター選手である、マレーシアのリー・チョンウェイ(李宗偉)選手が、マレーシア・プトラジャヤで記者会見を開き、眼に涙を浮かべながら引退を宣言した。

北京時間6月13日、バドミントン男子のスター選手である、マレーシアのリー・チョンウェイ(李宗偉)選手が、マレーシア・プトラジャヤで記者会見を開き、眼に涙を浮かべながら引退を宣言した。2020年東京五輪への出場は断念し、19年におよぶ現役生活に別れを告げることとなった。人民網が伝えた。

リー選手は昨年9月、鼻の癌を患っていることが判明し、治療に専念していた。病状は改善し、トレーニングを再開し、引退を早めることは考えていないとしていた。彼には東京五輪への出場を果たしたいという想いがあり、体調がさらに回復すれば、試合にも復帰する考えだった。しかし体調は思ったように回復せず、厳しい大会出場やトレーニングに耐えうる状態まで回復できなかった。リー選手にとって、今回の引退決意はやむを得ない決断だったこともあり、記者会見の現場で、「引退」の2文字を口にした途端、思わず涙を抑えられず、痛恨の涙を見せた。

リー選手は、現役生活において、69回の優勝を果たしたものの、世界規模の大会ではチャンピオンの座を手にすることはついに無く、オリンピックで銀メダル3個、世界選手権で銀メダル3個、トマス杯で銀メダル1個、アジア競技大会で銀メダル1個をそれぞれ獲得した。「無冠の帝王」と呼ばれたリー選手はの現役生活は常に悲しみに満ちたものだった。そしてその決勝で最も多く彼の前に立ちふさがり、王座をさらっていった相手が中国の林丹選手だった。2人は良きライバルであると同時に、良き友人同士でもあった。リー選手が引退を表明すると、林選手は微博(ウェイボー)上で、歌曲「朋友別哭(友よ泣かないで)」をシェアし、「試合で僕の相手をしてくれる人がいなくなってしまった」と投稿した。

今後の人生設計について、リー選手は、「バドミントン普及活動にできるだけ多く携わっていきたい。また、中国をたびたび訪れてファンと交流したい」と話した。(編集KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング