大谷翔平がサイクルヒット!台湾でも大反響=「完全試合したら世界初」「大谷翔平を超えられるのは…」

配信日時:2019年6月14日(金) 17時40分
大谷翔平がサイクル安打!台湾で大反響「大谷翔平を超えられるのは…」
画像ID  1100321
米大リーグ(MLB)のエンゼルスに所属する大谷翔平が、14日のレイズとの試合でサイクル安打を達成した。台湾メディアが大きく報じている。写真はイチローの試合。
米大リーグ(MLB)のエンゼルスに所属する大谷翔平が、14日のレイズとの試合でサイクル安打を達成した。台湾メディアが大きく報じている。

3番DHでスタメン出場した大谷は、初回の第1打席で左中間スタンドに弾丸ライナーで運ぶ8号3ラン本塁打を放つと、第2打席には左中間に二塁打、第3打席には右翼線に三塁打を放った。そして、第4打席に中前安打を記録し、サイクル安打を達成した。

聯合新聞網は、「大谷翔平がサイクル安打(中国語では「完全打撃」)、アジア人2人目、日本人初」と題する記事を掲載。MLBでのアジア人選手のサイクル安打達成は、2015年7月22日に韓国の秋信守(チュ・シンス)が記録して以来だと伝えた。

自由時報は、「大谷翔平のサイクル安打がすごい、あのベーブ・ルースも成しえなかった」と題する記事で、「エンゼルスの『二刀流』、大谷翔平が生涯初の、そして日本人初(MLBで)のサイクル安打を達成。投手で2勝以上し、サイクル安打を放ったのは史上2人目」「伝説的野球選手ベーブ・ルースは投手として94勝を挙げ、714本の本塁打を放ったが、22年の現役生活でサイクル安打は達成できなかった」などと偉業をたたえた。

また、ETtodayは「イチローが19年挑み続けて失敗したサイクル安打、大谷翔平は2年目で達成」と題する記事を掲載。「イチローは19年、松井秀喜は10年MLBでプレーし、何度もチャンスを得ながら達成できなかったサイクル安打を、大谷翔平は2年で成功させた。しかも日本人初だ」と伝えた。

台湾のネットユーザーからは、「こんなに早く達成できるなんてすごい!」「メンタルが強いんだな」「本当に打撃もそん色ないな」「投手として大リーグで勝負するのかと思ったらサイクル安打達成とは!」「野手に専念しても良いんじゃないか?もう投手だったことを忘れそう」「これで(投手で)完全試合でもしようものなら世界初だ」「エンゼルスは、投手を買ったのか野手を買ったのか、いまだに分からないんじゃないか」「大谷翔平を超えられるのは、大谷翔平しかいない」などの声が寄せられた。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Jen***** | (2019/06/15 16:28)

    驚くべきは、大谷選手が「二刀流」でこの偉業を達成した、 って事だよね。 それをどこぞの愚国人種サイトでは、まだ、愚国出身メジャーリーガーの 方が上だとかぬかしてやがる。 お前らの国のどこに、「二刀流」選手がいるのか言ってみろ! 手術をして、1年は投げられない状態だってのに、 「二刀流」である事を忘れ、バッターとしての成績だけで あれこれ言ってやがる。 あの愚国人種とは、政治経済だけでなく、スポーツでも、 まともな話ができない。 妬み嫉み交じりの私情でしか判断できない連中だからな。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事