Record China

ヘッドライン:

日本のトイレはどれほど“病的”なのか―中国メディア

配信日時:2019年10月19日(土) 22時20分
拡大
18日、中関村在線は、「日本のトイレはどれほど病的なのか、これを見れば納得」と題する記事を掲載し、日本のトイレの清潔さについて考察した。写真は日本のトイレ。

2019年10月18日、中関村在線は、「日本のトイレはどれほど病的なのか、これを見れば納得」と題する記事を掲載し、日本のトイレの清潔さについて考察した。

記事は、今から数年前に日本人の大学生の5人に1人がトイレの個室での食事を経験したことがあるという調査結果が話題になったと紹介。友人もおらず1人で食事をしているのを見られたくないという心理からトイレに籠って食べるというもので、「便所飯」という言葉まで生まれたとしたうえで、臭くて汚いというイメージのトイレで食事をするという発想になるのは、日本のトイレが「病的」なまでに清潔だからだと伝えている。

そして、日本のトイレが食事したり居眠りしたりゲームをしたりできるほど清潔である理由について「人びとが衛生を重視しているとともに、清掃員の仕事ぶりについても切り離して考えることはできない」と説明。飲食店やショッピングセンターのトイレには壁に「トイレ検査表」が掲示されており、誰が何時にトイレを点検したかが一目で分かるようになっているとした。また、点検の間隔が1時間おき、場合によっては30分おきとなっていることを伝えたうえで「こんなに高頻度にチェックしていれば、汚くなる方が難しい」と評した。

記事は、日本のトイレの機能性や、清潔を保つための取り組みについて理解すると同時に、自分たちの身近にあるトイレについてもチェックする必要があると指摘。「ほんの少しだけ多く設置した手すりが、高齢者や体の不自由な人にとって大きな助けになるのだ」とし、「一度日本に行ってトイレの快適さ、清潔さを体験してみるべきだ」としている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「きれいで上品な日本人の先生が真っ赤な顔をして恥ずかしそうに…」、初めて知った日中トイレ文化の違い―中国人学生

先日、日本の小学生4833人に対して行われた調査で、およそ半数が「学校で大便をしない」と回答。理由は「友達に知られたくない」が最多だった。では、中国の学校のトイレ事情はどうなのだろうか。江西科技師範大学の周佳鳳さんの作文を見てみよう。資料写真。

日本僑報社
2016年7月5日 7時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング