F-35に新たな問題、超音速ではステルス性発揮せず―米メディア

配信日時:2019年6月15日(土) 8時20分
F-35に新たな問題、超音速ではステルス性発揮せず―米メディア
画像ID  1100094
13日、観察者網は、米軍のF-35戦闘機に新たな問題が見つかったとする米メディアの報道を伝えた。
2019年6月13日、観察者網は、米軍のF-35戦闘機に新たな問題が見つかったとする米メディアの報道を伝えた。

記事は、米ディフェンス・ニュースの12日付報道を引用。F-35に13の深刻な問題が見つかり、中でも最も重大な問題は「F-35Cが超音速飛行中に水平翼と尾翼付近のステルス塗装に気泡が生じ、ステルス性能が失われる」というもの。この問題は、7年あまり前の2011年11月の検査時点ですでに分かっていたことだという。

そして、この問題は米国の兵器システムにおいて「最も重大な欠陥」のカテゴリに入れられたものの、「米国防総省は根本的な解決策を取らず、海軍に対して超音速飛行を一定時間に制限するよう要求する措置を取ったにとどまっている」と伝えた。

また、製造元のロッキードマーティン社も「極限条件下のテストで偶然発生した事象であり、基本的には起こらない」との見解を示したとする一方で、海軍からはF-35Cが長時間超音速飛行できないことに対して大きな不満が出ているという。

記事はさらに、超音速巡航時のステルス性能に関する問題以外にも、F-35には「操縦席内の圧力ピーク時にパイロットの耳や鼻に極度な痛みが生じる」「ヘッドマウントディスプレイや夜間視認システムの問題が空母上への着陸に影響する」「迎角が20度以上になると制御上の重大な問題が起こる」などの欠陥が存在することが明らかになったと伝えている。

このほか、F-35は製造期間が長くなるにつれ初期ロットと最近製造された機体に大きな差が生じており、米政府の問責機関が「ソフトウェアの変化だけでなく、機体全体に少なくとも39種類の部品ユニットが異なる」と指摘したことを併せて紹介した。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2019/06/15 08:56)

    超音速で飛行してレーダーに捉えられたとして何か問題が有るの? 短時間なら問題ないなら通常は亜音速で飛行すりゃ良いし 接敵してからはステルスも意味をなさないからね それに全速を出すのなら逃げる時だろうしそうなると尚の事レーダーに映っても、 よほど特殊な任務でもない限り問題無いと思うけどね そもそも超音速ならソニックブームが発生してるからステルスが機能するか疑問だよね B2爆撃機が爆音を奏ながら飛行するのを問題視しないのは 爆音が聞こえてから迎撃準備しても間に合わないからでしょ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/06/15 08:47)

    本日は早朝からF-35Aディスカウントの開始です(笑)余程中国さんはF-35Aに御執心のようである(笑)、ここまで東洋の大国から気に掛けてもらえるとロッキード社としても満更ではなかろう(笑)
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事