F-35の欠陥知りながら売りつけるトランプ大統領、安倍首相は「言いなり」―中国メディア

配信日時:2019年6月14日(金) 13時10分
F-35の欠陥知りながら売りつける米国、安倍首相は「言いなり」―中国メディア
画像ID  1100082
13日、中国メディアの参考消息は、トランプ米大統領がF-35戦闘機に重大な欠陥があることを知りながら日本に大量購入させ、安倍晋三首相もその「言いなり」になっているとの論調が日本メディアから出ていると報じた。
2019年6月13日、中国メディアの参考消息は、トランプ米大統領がF-35戦闘機に重大な欠陥があることを知りながら日本に大量購入させ、安倍晋三首相もその「言いなり」になっているとの論調が日本メディアから出ていると報じた。

4月上旬に航空自衛隊三沢基地のF-35A戦闘機が墜落した事故について、防衛省はこのほど、パイロットが平衡感覚を失う「空間識失調」に陥ったのが事故原因であり、戦闘機本体に異常が発生した可能性は極めて低いとの調査結果を発表した。調査結果ではまた、事故機が近くにある米軍機への接近を避けるために、管制員の指示に基づき飛行高度を下げる動作を行った後、パイロットが飛行姿勢の回復などを図った形跡がなく、無意識のうちにほぼ垂直降下状態で海に突っ込んだことが示された。

記事はこうした経緯を紹介した上で、日本メディアから「空間識失調」は昨年6月の米軍嘉手納基地F-15戦闘機が沖縄本島海域に墜落した事故、一昨年10月に航空自衛隊のヘリコプターが静岡県浜松市の海域に墜落した事故でも発生の原因とされており、今回の事故もパイロットへの訓練や教育が十分だったとは言い切れない、との指摘が出ていることを伝えた。

また、「今回の事故調査の結論は出たものの、機体の損傷が著しく、飛行記録を保存する部品が見つかっていないことからさらなる事故原因の特定ができておらず、日本国民の理解を得ることは難しい」との論調もあると伝えた。

さらに、別の日本メディアが米国会の政府問責機関が「昨年指摘したF-35に存在する重大な欠陥が改善されておらず、なおかつ今後数年間は解決できない」という情報を発表したことを挙げ、「この状況にもかかわらずトランプ大統領がF-35を安倍首相に大量購入させようとし、日本側もその言いなりになっている」と批判したことを紹介。参考消息の記事は、「日本が戦闘機を選ぶ基準の中で、国防的な需要とパイロットの安全の優先順位はいったい何番目なのだろうか」と疑問を呈した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 秀野荘***** | (2019/06/17 16:38)

    「車とか牛肉とか農産物で妥協するより、兵器買ってた方がよっぽどマシじゃん」ってことですよ。たまに落ちるぐらいで国民は誰も苦しまないでしょ!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sea***** | (2019/06/17 15:57)

    おぼっちゃま対悪徳地上げ屋の戦いだから勝負は火を見るよりも明らかだ!!笑笑
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/06/15 02:19)

    まあ、パイロットのせいにしてしまうのが一番丸く収まるんだろうね。 事故当初、残骸の回収も進んでないうちから「日本側の組み立て工場のミスだ」って発表してたくらいだから、意地でもアメリカ側の責任にはしたくないんでしょうよ、「日米両政府」は。 で、「日本側の組み立て工場のミス」を示す証拠を引き上げられなかったもんだから、じゃあ「死亡が確認されたパイロット」に責任を全部おっかぶせようって訳だ。死人に口なし。「飛行記録及び通信記録からそう推察できる」ってだけで、機体の残骸を全部回収してみないと最終結論なんて出せない筈なんだけどね。まあ、その飛行記録なりの資料出せっつっても、また「機密だから」とかいう理由で出さないんだろうけど。或いは出しても海苔弁か。 自衛隊員一人が亡くなってる。人員も機体も国の財産だ。もしも政府が事故原因を隠すつもりなら、それは国民に対する背信行為に他ならないが。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事