電柱を電気車充電器に!日本のアイデアに韓国メディアが注目も、ネットからは「元祖は韓国」の主張

配信日時:2019年6月14日(金) 21時20分
先に開発したのは韓国?日本の電柱充電器に韓国ネットがツッコミ
画像ID  1099923
12日、韓国・マネートゥデイは、電柱を電気自動車の充電器にするという日本のアイデアに注目した。資料写真。
2019年6月12日、韓国・マネートゥデイは、電柱を電気自動車の充電器にするという日本のアイデアに注目した。

記事は日本経済新聞の報道を基に、東京電力(TEPCO)が開発し特許を取得した電柱設置型急速充電器が日本の首都圏に供給される、と伝えている。一般の急速充電器を設置するには一台当たり300万円の費用がかかるが、電柱に設置する場合はその半分ほどに減らせるという。まずは首都圏に電柱急速充電器100台を設置し、今後数百台に増やしていく計画だという。

なお、現在日本国内には電気自動車の急速充電器が8000台程度設置されている。

これを受け、韓国のネット上では「さすがクリエイティブ」「韓国も電気自動車充電器の新技術を開発して」「韓国にも早く導入されないかな」などとうらやむ声が上がっている。

一方で「いやいや、これ韓国電力が最初に開発したから。釜山に行けば実物見られるよ。クリエイティブなアイデアは韓国が先。空間確保がしづらい都市にとってホットな技術」「2016年に韓国メディアで『全国3万本の電柱で電気車を充電できる時代が開く』という見出しの記事が掲載されてる」「先にアイデアを開発した韓国はどうして先に進まないの?」など「元祖は韓国」とツッコむ声も負けてはいない。

その他に「画期的ではあるけど、雨の日の感電事故が危険じゃない?」「街の電気が停電になりそう」「韓国で同じように設置したら、人々のマナーが原因で道が塞がってしまう。先進国だからできること」などさまざまなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • har***** | (2019/06/16 10:07)

    飛行機を初めて飛ばしたのは韓国人です って言ってた国
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2019/06/15 13:09)

    電柱にコンセントを付けようと大学教授が提案しただけなんだが、、、韓国人の嘘は手の施しようがない。嘘とバレても恥とは思わない人達だから、韓国人の主張は全て嘘だと思って構わない。人の主張だとは思わないことだ。 2016.8.31中央日報「移動型充電器を増やし、共用駐車場の地面だけでなく路上の電柱に充電コンセントを設置する方法を考慮しなければならない。」(キム・ピルス大林(テリム)大学自動車学科教授)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/06/15 07:12)

    >電柱に設置する場合はその半分ほどに減らせるという その費用は誰が負担するか記事では明らかではない。東京電力が無償で設置するにしても、一般家庭の電気料金に掛かった費用が上乗せされるはずだ。それに充電中の駐車スペースの問題もある。路上で充電したら、後続車の邪魔になって追突事故や人身事故の原因となるだろう。 >先にアイデアを開発した韓国はどうして先に進まないの? アイディアは出せても、実用化するには上記のような問題を解決する必要があるためだろう。日本が韓国より賢いなら、何らかの具体案を持っているはずである。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事