日本語、中国語、韓国語を背景にもつ生徒は数学の成績が優秀―豪調査

配信日時:2019年6月16日(日) 21時50分
日本語、中国語、韓国語を背景にもつ生徒は数学の成績が優秀―豪調査
画像ID  1099818
12日、オーストラリアの全国テスト、NAPLANの結果を分析したところ、自宅で英語を話す生徒と比較して、中国語、日本語、韓国語を背景にもつ生徒は、数学の平均得点が65点高いことが分かった。資料写真。
2019年6月12日、中国僑網によると、オーストラリアの12万人以上の生徒を対象にした全国テスト、NAPLANの結果を分析したところ、自宅で英語を話す生徒と比較して、中国語、日本語、韓国語を背景にもつ生徒は、数学の平均得点が65点高い一方で、先住民、アフリカ、ポリネシアの言語を背景にもつ生徒の平均得点は40点も低いことが分かったという。

Catholic Education Commission of Victoriaが2017年と18年、ビクトリア州のカトリック系488校の生徒のNAPLANの結果を調査し、英語以外の言語背景をもつ(LBOTE:Language Background Other Than English)生徒を10の異なる文化・言語カテゴリーに分けたところ、中国語などを背景にもつ「advantaged-LBOTE」生徒と、アフリカの言語などを背景にもつ「disadvantaged-LBOTE」生徒の間には差異があることが分かった。アフリカの言語を背景にもつ生徒の多くはトラウマの影響を受けた難民の子どもたちで、他の社会教育的要因を考慮した後でも両者には差異があるという。

生徒たちの平均得点の大きな差異は、社会的・経済的要因よりも、彼らの特定の文化的背景や自宅で話されている言語に関連しているという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ken***** | (2019/06/17 06:37)

    数字や銭金に世界でも桁外れに強いユダヤ人やインド人も入れて統計をとったのか?インド人は小学校で9 x 9などではなく、99 x 99まで覚えさせる。但し優秀な子供だけが99 x 99まで覚えられるが、普通の子供は33 x 33止まりだ。もう比較すること自体が論外な程数字と数学に優れている。しかしながら、この調査結果は暗に黒人は白人と比べて頭が悪いと直接言わずに、アジア系と比べて頭が悪いとする印象操作の悪意を感じる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2019/06/16 22:53)

    テニスの数え方を見てごらんよ。15、30、40、100?だよ。ちなみに軟式テニスは2-1と普通に数える、やってられないからね。 12進法とか、クオーターは4進法か?ワンとイレブン。セブンティーンとセブンティ、欧米人が間違えてやんの、ダメじゃんこんな数え方してたらどうにもならない。中国の数え方は知らないが、韓国は日帝残滓だろうよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事