フォックスコン、米中貿易戦争があってもアップルの需要には応える―米華字メディア

配信日時:2019年6月14日(金) 9時10分
フォックスコン、米中貿易戦争があってもアップルの需要には応える
画像ID  1099750
フォックスコンの半導体部門責任者・劉揚偉氏は投資家向けに「米中貿易戦争があってもアップルの需要に応えることができる」と語った。資料写真。
2019年6月12日、米華字メディア・多維新聞によると、「iPhone」の受託生産大手であるフォックスコンの半導体部門責任者・劉揚偉(リウ・ヤンウェイ)氏は投資家向けに、「米中貿易戦争があってもアップルの需要に応えることができる。フォックスコンは生産能力の25%を中国以外に置いている」と語った。

記事がロイター通信の記事を引用し伝えたところによると、米ウィスコンシン州にあるフォックスコンの工場は米中貿易戦争において重要な役割を担うという。同工場は20年に操業開始が予定され、1500~2000人の雇用を創出する見通しだ。

劉氏はさらに、「研究開発の分野では、現在60%から70%のスマートフォンのコンポーネントについて自社製造が可能。今後は自社の製造能力をさらに高めていく。資本投入は毎年300億~500億台湾ドル(約1000億~1700億円)の範囲で続けていく」と語ったという。

ロイターによると、フォックスコンはすでに米国の生産部門の一部をメキシコに移転し、155人を解雇したという。記事は、「同社はメキシコに活動の幅を広げている可能性がある。米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)を利用して北米地域の産業チェーンを再編し、米国市場に供給を続けるつもりだ」と伝えている。(翻訳・編集/和田)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/06/22 06:23)

    意識高い系に人気のあるアップル製品であるが、このメーカーはあまりに傲慢な上に高飛車で、例えば販売店に対しても「我々の指図通りに売り場を作らないと販売させてやらないぞ」と恫喝してくるような傲岸不遜なメーカーなので自分は嫌いである、「驕れる者は久しからず」の諺通り早く没落すればいいのにと個人的に思っている
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事