Record China

ヘッドライン:

フォックスコン、米中貿易戦争があってもアップルの需要には応える―米華字メディア

配信日時:2019年6月14日(金) 9時10分
拡大
フォックスコンの半導体部門責任者・劉揚偉氏は投資家向けに「米中貿易戦争があってもアップルの需要に応えることができる」と語った。資料写真。

2019年6月12日、米華字メディア・多維新聞によると、「iPhone」の受託生産大手であるフォックスコンの半導体部門責任者・劉揚偉(リウ・ヤンウェイ)氏は投資家向けに、「米中貿易戦争があってもアップルの需要に応えることができる。フォックスコンは生産能力の25%を中国以外に置いている」と語った。

記事がロイター通信の記事を引用し伝えたところによると、米ウィスコンシン州にあるフォックスコンの工場は米中貿易戦争において重要な役割を担うという。同工場は20年に操業開始が予定され、1500~2000人の雇用を創出する見通しだ。

劉氏はさらに、「研究開発の分野では、現在60%から70%のスマートフォンのコンポーネントについて自社製造が可能。今後は自社の製造能力をさらに高めていく。資本投入は毎年300億~500億台湾ドル(約1000億~1700億円)の範囲で続けていく」と語ったという。

ロイターによると、フォックスコンはすでに米国の生産部門の一部をメキシコに移転し、155人を解雇したという。記事は、「同社はメキシコに活動の幅を広げている可能性がある。米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)を利用して北米地域の産業チェーンを再編し、米国市場に供給を続けるつもりだ」と伝えている。(翻訳・編集/和田)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

台湾・鴻海会長、米中貿易戦争は「台湾の発展に重要な機会」―台湾メディア

台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長は先月30日、馬英九前総統が代表を務める団体のイベントで講演し、米中貿易戦争について「台湾の将来の発展にとって重要な機会だ」とした上で、「それを逃せば、台湾はさらに20年遅れることになる」との認識を示した。

Record China
2019年5月14日 19時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング