驚き!日本のママはこんなふうに子育てする―中国ネット

配信日時:2019年6月14日(金) 22時0分
驚き!日本のママはこんなふうに子育てする―中国ネット
画像ID  1099749
12日、中国版ツイッター・微博で日本の情報を紹介するブロガーが、「日本のママはこのように子どもを育てる?真相を知って私は驚いた」と題する投稿を行った。資料写真。
2019年6月12日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で日本の情報を紹介するブロガーが、「日本のママはこのように子どもを育てる?真相を知って私は驚いた」と題する投稿を行い注目を集めた。

100万以上のフォロワーを持つ女性ブロガーが紹介したのは、日本における出産や育児の環境。まず、少子化の影響もあり、日本では赤ちゃん連れの母親に優しい施設、設備が充実しているとし、多くの公衆トイレには広い空間とおむつ替えの台、子どもを座らせておくシートなどを備えた特別なトイレが設置されているとした。また、おむつ替えの台が女性トイレの一角に用意されているだけでなく、一部の男性トイレにも設置されていることを紹介した。

次に、やはり少子高齢化対策として、政府や各地方行政が出産や育児に対して補助金を出していると説明。出産時の一時金の他、「妊娠中の基本的な検診がほぼ無料になる補助券が支給される」とも伝えている。

さらに、出産直後における日本と中国の考え方の違いについても言及。日本では出産後に病院で出される食事に、冷ややっこなどの冷たいおかずが出されると紹介し、「産後はとにかく温めよという中国とは考え方が異なるため、のどが渇けば普通に冷たい水を飲む」とした。

また、「日本の産科医院では出産後1週間で退院となるのが一般的で、中国よりもはるかに短い」と説明。その一方で、抱っこや授乳、おむつ替え、入浴といったさまざまな「母親教室」が開かれており、産後の母親による子育てをサポートする体制が整っていると紹介した。

このほか、これまでの「産みの苦しみを経験するもの」という考え方に変化が生じ、無痛分娩(ぶんべん)を選択する妊産婦が年々増加しているとも説明している。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/06/15 01:44)

    ちなみに日本で幼子を抱えた女性に一度冷酷なのは東京で、例えば電車に乗る時ベビーカーに子供を乗せて乗り込むとあからさまに邪魔者扱いする輩が多い、名古屋や大阪ではこんな事はなくむしろ幼児を連れた若い母親を見掛けると積極的に座席を譲ったりしている、恐らく東京の人は他の都市に住む人に比べて心が荒んでいるのだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事