イラン紙に原爆きのこ雲、「どうして米国を信用できる」=安倍首相イラン訪問で―中国紙

配信日時:2019年6月13日(木) 11時30分
イラン紙に原爆きのこ雲、「どうして米国を信用できる」=安倍首相イラン訪問で
画像ID  1099706
13日、環球時報は、安倍晋三首相のイラン訪問に対してイランメディアが原爆の写真を掲げて「どうして米国を信じられるのか」と批判したことを報じた。
2019年6月13日、中国紙・環球時報などによると、安倍晋三首相のイラン訪問に対して、イランの地元紙が原爆の写真を掲載して「どうして米国を信じられるのか」と報じた。

安倍首相は12日にイランの首都テヘランに到着し、1978年の福田赳夫氏以来41年ぶり、79年にイランでイスラム革命が起きて以降では初となる日本の首相のイラン訪問を実現させた。

記事は、安倍首相が出発前の羽田空港で「緊張緩和のためにイランと率直に意見交換したい」と語ったこと、イラン政府高官が12日に「安倍首相にはイランと米国間の調停人となって、米国による原油制裁を緩和してもらうよう求めるつもりだ」と述べたことを紹介した。

一方で、「一部のイランメディアからは安倍首相の訪問に対する不満が出ている」とし、イラン紙Farheekhteganが12日に「安倍氏よ、どうしてあなたは戦争犯罪者を信じられるのか」と題する記事を掲載したことを伝えた。紙面には原爆のきのこ雲の画像が掲載され、「安倍首相は、かつて日本に原爆を投下した米国の話を信じ、米国とイランの関係を仲介しに来るべきではない」と論じている。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/06/13 20:16)

    >安倍氏よ、どうしてあなたは戦争犯罪者を信じられるのか アジアでは日本が中国韓国から〈戦争犯罪者〉と呼ばれている。そんな呼称に意味がないことは、日本人が一番よく知っていることだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 寒貧***** | (2019/06/13 16:45)

    信頼しきっている訳ではないのだよ 戦争に負け無条件降伏したから犬に成り下がったのさ 原爆落とした国なんて誰が信用する?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/06/13 16:21)

    まあ、アメがやってるのは片手で拳銃を突き付けながら、もう一方の手で握手を求めてるようなものだからな。 核兵器にしたって、「開発するな、捨てろと言うのなら、まずは核保有国がそうしろよ」って言うのは至極もっともな話だし。 元々イランは割と親日国だったんだが、アメポチでもあるという日本の側面は、複雑な思いがあったんじゃないのかね。 今回の場合、安倍はトランプに思いっきり梯子を外された形になったわけだし、そんなアメを「どうして信用するのか?」という疑問が出てきたって何ら不思議な話じゃない。 まあ、自民自体、長年CIAの資金やノウハウを注入されてきた政党だし、そういう政党が戦後の殆どの期間で執権してきた以上は、常に内政干渉を甘受してきたアメの属国だとさえ言える。日本は自主独立の国じゃない。それが理解できれば、イランも納得できるんじゃないかね。 信用云々の話じゃない。アメの命令は絶対なのだと
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事