第10回中国・欧州企業家サミット開幕 革新協力に焦点

配信日時:2019年6月12日(水) 18時20分
画像ID 
第10回中国・欧州企業家サミットが10日に英国・ロンドンで開幕した。出席する各代表は企業の国際化発展戦略、中・欧ビジネス革新協力の展望、二国間の包括的経済成長の推進について共同で討議する。新華社が伝えた。

劉暁明駐英国中国大使は開幕のあいさつの中で、「長年にわたり、中国と欧州はグローバル経済ガバナンスの改善、多国間主義の保護、自由貿易の提唱といった重大な問題について幅広い共通認識に達し、双方の協力の基礎は堅固だ。中・欧双方はまず、信頼と協力を強化し、理念と共通認識を突き固める。次に、ルールに基づく協力を強化し、革新のバージョンアップを誘導する。そして、開放的な協力を強化し、チャンスの共有を発展させる必要がある」と述べた。

英国国際貿易省のグレアム・スチュワート政務次官(投資担当)は、「『一帯一路』(the Belt and Road)イニシアティブを支持するメンバーとして、英国は中国にとりごく自然にそうなった協力パートナーであり、『一帯一路』イニシアティブの実施過程で支援を提供していく」と述べた。

国際連合グローバル教育担当特使のゴードン・ブラウン元英国首相は、「英国と中国は財政、経済、戦略的エネルギー、移民と留学などの問題で対話を進め、より多くの貿易協力を締結する必要がある。『一帯一路』イニシアティブは世界の金融・政治情勢において重要な役割を果たすだろう」と述べた。

今回のサミットは会期が6日間、テーマは「革新、復興、ウィンウィン:中国・欧州ビジネス協力の新紀元へ」。中・欧の政治家、企業のリーダー、学者ら500人以上が中国の対外開放政策とグローバル経済の環境、中・欧金融機関の協調発展、中・欧科学技術革新分野における協力などの議題を討議する。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<