「釉彩国度--ポルトガルのタイル画500年」展が故宮で開幕 北京

配信日時:2019年6月12日(水) 18時0分
「釉彩国度--ポルトガルのタイル画500年」展が故宮で開幕 北京
画像ID  1099540
北京の故宮博物院の永寿宮で6月11日、「釉彩国度--ポルトガルタイル画500年」展が開幕した。
北京の故宮博物院の永寿宮で6月11日、「釉彩国度--ポルトガルタイル画500年」展が開幕した。これは故宮博物院が初めてポルトガルの国立アズレージョ博物館と協力して開催した展覧会で、16世紀から21世紀までのポルトガル・タイル画(アズレージョ)の逸品50点以上を展示している。作品はいずれも何枚かのタイルを組み合わせて作られているため、今回の展示ではそうしたタイルが約5000枚ほどに達するという。また今回の展示作品はポルトガルにおけるタイル画の500年以上に及ぶ歴史を余すところなく紹介しており、異なる時代の作品を通じて、タイル画のスタイルの変遷を目にすることができる。中国新聞網が伝えた。(編集TG)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事