継承から発展へ 世界へ広がる「泉州南音」

配信日時:2019年6月12日(水) 22時40分
継承から発展へ 世界へ広がる「泉州南音」
画像ID  1099525
「泉州南音」は中国で現存している最も古い音楽の一種である。
「泉州南音」は中国で現存している最も古い音楽の一種である。大量の曲目、古い楽器及び独自の体系を形成してきた記譜法により、「南音」は漢時代と唐時代以来の中国音楽の血脈を引き継いでいる。「南音」は古色豊かにして優雅で、清らかで節回しが美しい。その長い音楽の歴史と多元的な文化特徴で、「中国音楽の歴史における生きた化石」と称えられており、中国音楽の歴史において独特なかけがえのない地位にある。また歴史や文化、学術研究などの分野でも極めて重要な価値を有している。人民網が伝えた。

その他の写真

2009年、「泉州南音」は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の人類の無形文化遺産に正式に登録された。「南音」の無形文化遺産登録成功10周年を記念するために、福建省級無形文化遺産「南音」継承者の代表である李白燕さんは人民網の独占インタービューを受け、「南音」の長い歴史と継承・発展を語り、長い年月を経ても衰えることがない「南音」の魅力を語ってくれた。

▽音楽をもって友情を育み、世界の共鳴を引き起こす

福建省泉州市は「南音」の発祥地であり、この音楽と現地の人々とのつながりが非常に深い。大まかな統計によると、泉州市には民間によって運営されている「南音」に関する協会や団体の数が数百にも達している。「南音」は地元の人々に好まれているだけでなく、歴代の泉州市住民の足跡とともに、海外へも伝わっている。台湾、香港、マカオなどの地域や、フィリピン、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、ミャンマー、ベトナムなどの国に広がり、国内外から非常に注目を浴びている。更には、海外華僑と台湾同胞の故郷への想いを維持する精神上の絆でもある。

近年、李白燕さんは「南音」文化を海外に伝えることに力を入れ、より多くの人に「南音」への理解を深め、「南音」を好きになってもらうために、数多くの招きに応じてフランスや日本、ブラジル、パラグアイ、スペイン、ポルトガル、シンガポール、フィリピン、タイ、インドネシア、マレーシアなどの国及び香港、マカオ、台湾などの地域を訪れて、「南音」を披露している。「海外で公演する時はいつも地元の華人から情熱的な歓迎を受ける。地元の華人たちは自発的に公演を見に来る。『南音』に対する心からの愛と共感が感じられる」と李さんは語った。

「南音」は華人の間で人気が高いが、それだけでなく、フランスでのある公演で李さんは華人に向けてだけでなく世界にも「南音」を広める自信を一層深めた。「以前、フランスでの公演で中国人歌手が『南音』の名曲を披露した際、歌詞の中に『五花馬』(五色の花の紋のついた毛並みのいい名馬)という貴重な馬が出てきた。するとずっと静かに聞いていたフランスの観衆から突然盛大な拍手が起こった。後になって、フランスにもその種の貴重な馬がいるため、我々の歌が彼らの共感を呼んだのだと分かった。この経験は、音楽に国境がないということを身を持って感じさせた」と李さんは述べた。

現在、「泉州南音」はすでに地域芸術という枠を打ち破っている。ユネスコによって人類の無形文化遺産に登録されたことで、国際的な位置づけも加えられた。「南音」は泉州文化の典型的な代表の一つとして、中国の地方文化を世界へと広める上で非常に重要な貢献を果たした。近い将来、「泉州南音」の人気が高まり、より多様な姿で世界文化の舞台に上がれるようになることを李さんは期待している。(編集HQ)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事