人民元の上昇が行き過ぎ=アナリスト指摘―中国

Record China    2013年5月6日(月) 15時50分

拡大

5日、中国証券報によると、人民元対米ドル直物(スポット)レートは2日、基準値とともに中国の為替改革実施以来の最高水準を再度更新した。資料写真。

(1 / 2 枚)

2013年5月5日、中国証券報によると、人民元対米ドル直物(スポット)レートは2日、基準値とともに中国の為替改革実施以来の最高水準を再度更新した。同日の人民元対米ドルレート基準値が前の取引日から126ベーシスポイント上昇した。上昇観測が強まっていることを背景に、人民元が上昇し続けている。

その他の写真

量的金融緩和による世界的な流動性過剰状況が続いている。第1四半期(1−3月)に入って、海外資金の国内への流入が加速していることを反映し、人民元為替レートは連日で最高値を更新した。

アナリストは、「長期的に見て、人民元の漸進的な上昇が必然的な傾向であるが、経済のファンダメンタルズからは、現在の人民元為替レートの上昇が行き過ぎたものである」と指摘している。アナリストはまた、行き過ぎた人民元高は今後の段階的な人民元安を招く可能性があるとし、その際の海外資金の集中撤退というリスクを警戒するよう呼びかけている。(提供/新華網日本語版・翻訳/謝艶・編集/TF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携