中国人力資源・社会保障部が初公表した調査失業率は4.9%―中国メディア

配信日時:2019年6月12日(水) 7時40分
中国人力資源・社会保障部が初公表した調査失業率は4.9%
画像ID  963714
中国人力資源・社会保障部は10日、「2018年度人力資源・社会保障事業発展統計公報」を発表した。写真は中国。
中国人力資源・社会保障部(人社部)は10日、「2018年度人力資源・社会保障事業発展統計公報」を発表した。公報によると、2018年、基本養老保険(年金制度)基金の総収入は5兆5005億元(約88兆円)、総支出は4兆7550億元(約76兆円)だった。同年末時点の基本養老保険基金残高累計額は5兆8152億元(約93兆円)。2018年7月1日、企業従業員基本養老保険基金中央調整制度がスタートし、2018年の調整比率は3%で、基金の調整総額は2422億元(約3兆8700億円)だった。また、2018年末時点での都市部における調査失業率は4.9%。調査失業率が公表されたのは今回が初めてだった。北京青年報が伝えた。

公報によると、2018年末時点における全国労働者数は7億7586万人、うち都市部での労働者数は4億3419万人。全国の労働者のうち、第一次産業に従事している労働者の割合は26.1%、第二次産業は27.6%、第三次産業は46.3%だった。

同年末時点での都市部における登録失業者数は974万人、都市部の登録失業率は3.80%。同年末時点での都市部における調査失業率は4.9%だった。

社会保険の面では、2018年、基本養老保険・失業保険・労災保険という3種類の社会保険基金の収入総額は5兆7089億元(約91兆3400億円)、前年比8509億元(約13兆6100億円、17.5%)増。基金の支出総額は4兆9208億元(約78兆7300億円)、同7228億元(約11兆5600億円、17.2%)増加した。

2018年末時点で、全国8万7400社の企業が企業年金を立ち上げ、計2388万人の従業員が加入した。同年末時点での年金基金の残高累計額は1兆4770億元(約23兆6300億円)。

このほか、2018年末の時点で、全国31省(自治区・直轄市)はいずれも全国統一の社会保障カードを発行済みで、あらゆる地域がカバーされている。全国社会保障カードの所持者は12億2700万人に上り、社会保障カードの普及率は88%に達した。全国31省(区・市)および新疆ウイグル自治区生産建設兵団はいずれも、機関・事業単位養老保険情報システムを確立している。2018年、全国12333ホットラインが受理した電話相談サービス件数は延べ1億3400万件だった。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事