まるで銅像!微動だにせず立ち続ける「銅人」パフォーマンス―四川省成都市

配信日時:2019年6月14日(金) 0時50分
まるで銅像!微動だにせず立ち続ける「銅人」パフォーマンス
画像ID  1099139
端午節の連休中、四川省成都の観光スポット「錦里」は最高のにぎわいを見せた。観光客はここで、「銅人」を目にすることができる。

【音声ニュースを聴く】

端午節(端午の節句、今年は6月7日)連休中、四川省成都の観光スポット「錦里」は最高のにぎわいを見せた。観光客はここで、「銅人」を目にすることができる。20代の若者・羅忠(ルオ・ジョン)さんは、プロの「銅人」パフォーマー。手に扇子を持ち、ブロンズ色の「長衫」(丈の長い中国服)を身につけ、顔には同じくブロンズ色のドーランを塗り、微動だにせず立ち続け、観光地に建てられた彫像にしか見えない。華西都市報が伝えた。

まだ若いが、羅さんは「銅人」パフォーマーとして5年のキャリアがある。毎日、顔料をこってりと塗った顔に風を受け、日差しに曝される状況での苦労は言うまでもない。「今では、顔に汗をかくことも全くなくなった。毛穴が顔料でぴっちりと塞がれているから」と羅さん。

観光客が「銅人」と記念写真を撮る場合は3枚で20元(約320円)の撮影料金がかかるが、連日、多くの観光客が「銅人」を取り囲んで記念写真を撮っている。連休中、羅さんと相棒が稼いだ額は1000元(約1万6000円)を上回ったという。「だが、平日の売り上げはこれほど多くない。午後になって気温が上がると、記念写真を撮りに来る観光客はめっきり減ってしまう」と羅さんは話した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事