<卓球>伊藤美誠がまた敗戦に泣く、日本卓球にはもう「涙」しか残されていないのか―中国メディア

配信日時:2019年6月10日(月) 20時20分
伊藤美誠がまた涙、日本卓球には「涙」しか残されていないのか―中国メディア
画像ID  1098894
中国メディアの中国新聞網は10日、卓球の香港オープン決勝で男女ともに中国選手が日本選手を破って優勝したことを受け、「伊藤美誠がまた敗戦に泣く、日本卓球には今や“涙”しか残されていないのか」と題する記事を掲載した。写真は伊藤。
中国メディアの中国新聞網は10日、卓球の香港オープン決勝で男女ともに中国選手が日本選手を破って優勝したことを受け、「伊藤美誠がまた敗戦に泣く、日本卓球には今や『涙』しか残されていないのか」と題する記事を掲載した。

9日に行われた同大会決勝で、男子は張本智和が林高遠(リン・ガオユエン)に、女子は伊藤美誠が王芸迪(ワン・イーディー)にそれぞれ敗れ、優勝を逃した。中国オープンでは勝利した相手に0-4のストレートで敗れた伊藤は、試合後の取材に涙を浮かべながら答えた。

記事は、「伊藤が涙を流すのは今シーズン初めてではないが、間違いなく最もこらえきれない涙だっただろう」とし、今大会は陳夢(チェン・モン)、丁寧(ディン・ニン)、劉詩ブン(リウ・シーウェン)ら中国女子のトップ6が全員欠場しており、絶好のチャンスだったと伝えた。

そして、先日の中国オープンで王芸迪と丁寧を立て続けに破ったものの、その後の王曼●(ワン・マンユー、●は日の下に立)戦で敗れ決勝進出を阻まれたこと、4月にブタペストで開かれた世界選手権で「3冠」を目標に掲げながら1冠も獲得できなかったことに触れ、「伊藤の涙は常に骨身に染みる負けと共にあった。そして、それは日本女子卓球界の縮図でもある」と指摘した。

その上で、今シーズン、日本の中心的な存在である伊藤、平野美宇石川佳純がいずれも女子シングルスで優勝できていないこと、日本男子の期待を背負う張本も思うようなパフォーマンスを発揮できていないことに言及し、「予想された日中対決は、多くの状況で一方的な展開になっている。『敗北』と『残念』が、彼らの身体に貼りついたキーワードになっているかのようだ」と論じた。

それでも、「中国が警戒を緩めて良いということにはならない」とし、「双方の真の戦いは1年後の東京五輪。強敵を前に、中国はやはり用心する必要がある」としている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • met***** | (2019/06/10 20:37)

    伊藤も張本も十分なポテンシャルはあるよ それにまだ若い 問題なのは層が薄いことなんだよ 中国だって許昕なんかよく取りこぼしてるじゃないか 張本が負けたら、次がない 中国には馬、樊、許、林がいる さらに王、梁だって育ってきてる 冷静に考えて、たまに優勝できたらラッキーくらいなのが現実だよ
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事