イヌやネコヘのマイクロチップ装着を義務化した日本の動物愛護法改正案を中国ネット称賛=「中国でも普及させるべき」

配信日時:2019年6月10日(月) 10時10分
イヌやネコヘのマイクロチップ装着を義務化した日本の動物愛護法改正案を中国ネット称賛
画像ID  1098648
8日、新浪新聞は、動物愛護法改正案が6日、日本の衆議院で可決されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2019年6月8日、新浪新聞は、動物愛護法改正案が6日、日本の衆議院で可決されたと伝えた。

動物愛護法改正案では、ペットの遺棄や虐待防止のため、イヌやネコにマイクロチップの装着を義務付けている。マイクロチップは、直径約2ミリ、長さが8~12ミリで、獣医によってペットの皮膚に埋め込まれるという。これにより日本では、飼い主の名前や連絡先、ペットの種類や毛色、名前まで登録されることになる。改正案では、ペットを殺傷した場合の罰則が、4年以下の懲役または500万円以下になるそうだ。

これに対し、中国のネットユーザーから「この法律は素晴らしい」「これは日本がうらやましい」「グッドアイデアだ」「これは中国でもぜひ普及させるべき」「これはとも良い。自分に対してもペットに対しても他人に対しても責任感のある態度だ」など、称賛するコメントが多く寄せられた。

また、「われわれの方は、まずイヌをきちんと繋ぐところから始めないと」というユーザーもいたが、最近中国ではリードを付けずイヌを散歩してトラブルになるケースが多発している。

ほかには、「マイクロチップを埋め込むことが虐待になるのではないのか」と否定的な意見もあったが少数で、「確かにペットを飼う人は責任を持つべき」「動物に対する態度は、その国の民度を反映している」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事