日本では老後の資金に2000万円必要と金融庁、中国ネット「これはわれわれへの警告」「とにかくお金をためるしかない」

配信日時:2019年6月11日(火) 6時50分
日本では老後の資金に2000万円必要と金融庁、中国ネット「明日は我が身」
画像ID  1098646
8日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、日本の金融庁がまとめた報告を基に「日本人の老後の資金は2000万円必要だ」と伝えた。中国のネットユーザーからはわが身を案じる声が上がっている。資料写真。
2019年6月8日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、日本の金融庁がまとめた報告を基に「日本人の老後の資金は2000万円必要だ」と伝えた。中国のネットユーザーからはわが身を案じる声が上がっている。

金融庁がまとめた報告では、日本は長寿化し、退職後の寿命が延びているため、夫が65歳以上、妻が60歳以上の世帯の場合、退職後に公的年金などだけでは毎月約5万円の赤字となり、これが30年続くと2000万円不足すると指摘している。記事は、「日本国民からは、80歳まで働かないといけないとの声も出ている」と紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本は中国の教訓となっている」「今日の日本は明日の中国」「終わったな。われわれが年老いた時も同じだろう」「中国はもっと足りない」などのコメントが寄せられた。

また、「老後の生活は政府に頼るというのは実際には存在しないということだ」「これはわれわれへの警告だ。頑張って仕事して蓄えないと将来が悲惨なことになる」「そうか、やはりわれわれはとにかくお金をためるしかないな」などの意見もあり、貯蓄が重要だと感じたユーザーも多かったようだ。

ほかには、「そこまで生きられないと思う」「長生きしてもいいことはないな」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/06/11 10:09)

    これに限らず日本の政治と行政は何て無責任で行き当たりばったりでいい加減なのだろうかと腹が立つ事が多い、話が逸れるが最近「優勢保護法」によって子供を産む機能を無理矢理奪われた女性が訴えた判決が出たが原告敗訴国の勝訴という理不尽なものであった、原告の女性はお金ではなく謝罪が欲しかっただけなのに(韓国の慰安婦や徴用工と違って金目ではなかった)血も涙もない判決である、そうやって子供を産む権利を奪っておいて「女性は子供を三人以上産んでくれ」(桜田義孝)「女性は産む機械装置」(柳沢伯夫)挙げ句の果てには「子供を作らない人は生産性が無い」(杉田水脈)と手前勝手な屁理屈の言いたい放題、こういう連中を見ていると「こんな事になったのは政権与党の責任大なのに大概にしろ、恥を知れ!」と腹が立って仕方がないのである
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/06/11 09:39)

    無責任で自分の保身しか考えないド腐れ役人に本来なら将来受け取れる筈の年金基金を食い潰され年金制度は崩壊寸前、そして老後の資金は自分で用意しろとほざく自民党のバカ政治家、中国程ではないが役人や政治家が腐敗している「美しくない日本」である
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事