Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】「中国プラン」で持続可能な発展に新たな道を拓け

配信日時:2019年6月8日(土) 20時25分

 中国の習近平国家主席は7日、ロシアでサンクトペテルブルグ国際経済フォーラムの総会に出席し、「持続可能な発展を堅持し、繁栄して美しい世界を共に構築しよう」と題するスピーチを発表した。習主席はスピーチの中で、「持続可能な発展こそが、眼下のグローバルな問題を解決する上での『金のカギ(ベストソリューション)』」だと論じた上で、中国は国際社会と共に(1)開かれた多元的な世界経済の創出に尽力、(2)弱者に配慮した包容力ある幸せな社会の構築に努力、(3)人類と自然が調和しながら共存する美しい故郷づくりに注力――の3点を主張し、世界のために持続可能な発展の新たな道を開拓する「中国プラン」を表明した。

 習主席のサンクトペテルブルグ国際経済フォーラムのスピーチやパネルディスカッションでの司会者からの質問に対する回答は、出席者や各国のメディアの極めて強い反響を呼んだ。国際世論は、習主席の「三つの主張」をはじめとする一連の提案に高い評価と賛意を示した。

 国連は2015年9月、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」により、世界の持続可能な発展計画のための路線路として17の発展目標を定めた。その後4年間、同目標については積極的な発展もあったが、厳しい試練にも直面することになった。

 世界が百年に一度の未曾有の変局を迎える中、今回のサンクトペテルブルグ国際経済フォーラムは「持続可能な開発のためのアジェンダ」に焦点を絞っていた。習主席はフォーラムにおいて、国連による持続可能な発展のための三大責務について中国の主張を系統立てて論じ、国際社会が協力を強化させるための発想と駆動力を提供することで、大国の指導者としての堂々たる自信と、その責任を全うすることを示した。

 具体的に見れば、習主席は経済の発展レベルに注目する「開放多元(開かれた、多元的な)」の主張を行った。この主張は、現在の貿易摩擦のエスカレートと関税障壁の上昇という状況にあって、とりわけ重要だ。習主席は、中国が対外開放のたゆまぬ拡大と経済のグローバル化の推進、多国間貿易体制の維持についての決意と信念を改めて表明し、中国は各国と5G技術など最新の科学技術の成果を共に享受することを願っていると述べた。これらは中国が改めて、実際の行動をもって「開放された中国は、世界の経済成長と科学技術の進歩を促進する力となる」ことを示したものだ。

 習主席による「インクルーションと包容力ある発展」との主張は、社会の発展レベルに着目したものだ。現代の世界は物質技術レベルが高度に発達したが、各国の内部、発展途上国と発展途上国の間には、いまだに発展がアンバランスで不十分という問題がある。もし、自国優先主義、勝者の総取り、隣国を洪水のはけ口にする、といった考え方を信奉するならば、その結果は、他者に門を閉ざし、同時に自らの道をも封鎖してしまい、全人類の未来に損失をもたらすことになる。

 「人と自然の調和ある共存」という習主席の主張は、中国が提唱するエコ文明の思想を十分に示すものであり、気候変動などの問題に正面から向き合うものだ。中国は責任を担う大国として近年来、炭素排出について新エネルギーの発展と植樹植林の分野で顕著な成果をあげてきた。米国の衛星は追跡の結果、2000年から2017年の間に全世界の緑化面積が5%増加しており、全世界の緑化増加における中国の貢献度は約4分の1であることを確認している。

 習主席はスピーチで、「澄んだ水と青い山こそが金山であり銀山である」との発展理念を繰り返し強調し、中国は断固として青い空、青い水、清い土を守る防衛線に勝ち抜き、「パリ協定」などの国際社会の合意を実現させると述べた。習主席はさらに、中国は有言実行し、エコ発展の決意と信念を堅持すると述べた。

 習主席のサンクトペテルブルグのスピーチは問題点を的確に指摘したものであり、その主張は適切で力強く、中国と全世界の持続可能な発展に対する国際社会の信頼を強く奮い起こした。例えばロシアのプーチン大統領は、不平等な国際秩序は安定することができず、持続不可能と表明。国際社会の普遍的な共通認識を基礎として新たな国際秩序を模索し、国際問題についての国連の中核的な地位をしっかりと尊重し、多くの発展途上国の発展についての権益を十分に配慮すべきと述べた。その他の国からの指導者も、人類社会が直面する各種の問題と試練に対応するにあたって、個別行動では行き詰まり、各国が手を携えて対応すべきと論じた。彼らはさらに、中国はすでに多国間主義と国際ルールと自由貿易を防衛する重要な勢力になっているとの見方を示した。

 中国は今後も自らの発展を全世界の発展の過程の中に位置づけ、自らのことをしっかりと行い、たえず「中国の知恵」で貢献し、「中国のパワー」を注入することで、世界が斬新な持続可能な発展の道を切り開くことを後押ししていく。習主席の今回のスピーチにより国際社会は、このことをさらに強く確信することになった。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

習主席の訪露に「深遠な影響力」=専門家

 習近平国家主席が5日から7日にわたって、招きに応じてロシアを公式訪問、同時に、第23回サンクトペテルブルク国際経済フォーラムに出席しました。これを受け、中国社会科学院大学国際関係学院院長でもある、中国ロシア東欧中央アジア学会の李永全会長は、 「中露国交70周年という歴史的節目と...

CRI online
2019年6月8日 19時25分
続きを読む

外交部長、習主席訪露の成果を語る

 習近平国家主席が招きに応じて5日から7日までの日程でロシアを公式訪問し、第23回サンクトペテルブルク国際経済フォーラムに出席しました。訪問終了に際し、王毅国務委員兼外交部長は記者に対して今回の訪問について説明を行いました。王部長は次のように述べました。 「中露国交70周年という...

CRI online
2019年6月8日 17時45分
続きを読む

習主席、訪露から帰着=北京

 習近平国家主席はロシアに対する公式訪問と第23回サンクトペテルブルク国際経済フォーラムへの出席を終え、8日午前、北京に帰着しました。 習主席は現地時間7日午後、サンクトペテルブルクから帰国の途に就きました。ロシア政府の高官やレニングラード州の州知事、サンクトペテルブルク市政府の...

CRI online
2019年6月8日 17時45分
続きを読む

習主席スピーチに各国指導者が賛同の意=サンクトペテルブルク

 第23回サンクトペテルブルク国際経済フォーラム総会が7日、ロシアのサンクトペテルブルクで開かれました。習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領、ブルガリアのラデフ大統領、アルメニアのパシニャン首相、スロバキアのペレグリニ首相、国連のグテーレス事務総長らが出席しました。 習主席は席...

CRI online
2019年6月8日 17時45分
続きを読む

習主席「持続可能な発展で美しい世界を」=サンクトペテルブルク

 習近平国家主席は7日、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムに出席し、その挨拶で、「持続可能な発展こそは、眼下のグローバルな課題を解決する上での『金のカギ(ベストソリューション)』であり、人類の運命共同体の構築という目標に近く、その理念にも通じるものだ。そのいずれもが人類全体に...

CRI online
2019年6月8日 17時45分
続きを読む

ランキング