Record China

ヘッドライン:

外交部長、習主席訪露の成果を語る

配信日時:2019年6月8日(土) 17時45分

 習近平国家主席が招きに応じて5日から7日までの日程でロシアを公式訪問し、第23回サンクトペテルブルク国際経済フォーラムに出席しました。訪問終了に際し、王毅国務委員兼外交部長は記者に対して今回の訪問について説明を行いました。王部長は次のように述べました。

 「中露国交70周年という歴史的節目と百年に一度の未曽有の変局ので、習近平主席が行った今回のロシア訪問は、過去を受け継ぎ未来を切り開き、深遠な影響を与えるものとなる。訪問期間中、習主席はプーチン大統領と共に両国の全方位な協力を根本から検討し、それは両国関係を新たな時代へ導くものとなり、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムでは、習主席が持続可能な発展に関する的確な見解を発表し、国際協力を新たなステップへと前進させるなど、今回の訪問は、中露両国が相互信頼と協調を深める共通認識は牢固なものであり、中国が互恵共栄を提唱する信念も確固たるものであるという明確なシグナルを発信するものとなった。

 3日足らずの訪問日程の中、習主席はモスクワとサンクトペテルブルクを訪れ、政治、経済、文化に関する2国間、多国間の約20のイベントに出席し、友情を深め、共通認識をまとめ、協力を進め、豊かな成果を収めた。また、今回の訪問は国内外の高い注目度を集めるものとなり、世論は「中国は責任感ある大国として、外交では信用を重んじ、平和を求め、道義を重んじ、利益を融合する。国際社会で広く支持されていくだろう」との見方が示された。

 今回の訪露の成果は、以下の4点にまとめることができる。

 一、指導者によるリーダーシップを発揮し、中露関係の新時代を切り開いた

 両国指導者の密接な交流や戦略的指導の下、中露関係は近年長足の発展を遂げ、史上最良の時期を迎えている。今回は、習主席が国家主席になってから8回目の訪露であり、2期目の任期が開始後初の公式訪露となり、プーチン大統領の手熱い歓迎を受けた。大小2回にわたる会談の他、両指導者はサンクトペテルブルクでも長時間の話し合いを持ち、高度の相互信頼、親密、友好な雰囲気の中、2国間関係や国際情勢に関する包括的、長期的、戦略的な問題について踏み込んだ意見交換を行った。そして、共同声明を発表し、中露が新時代における全面的戦略協調パートナー関係を発展させ、両国関係を時代の流れと共に前進させ、レベルとクオリティをアップさせたことを宣言した。これは、今回の訪問の最も重要な政治的成果となった。両国指導者の政治的共通認識は両国関係を新時代へと前進させ、より高いレベルでの発展へと導いていくだろう。

 二、政治信頼の優位性を固め、両国の協調水準を向上した

 現在の大国関係において、中露両国の関係は最も高いレベルの相互信頼と戦略協調を示しており、世界の平和と安全を守る力強い支柱となっている。

 中露双方は、政治信頼を深め、戦略的コミュニケーションを強化し、相手側への支持を拡大し、両国の関係発展の戦略的方向性を確保することや、公平性と正義を守り、責任と道義を堅持し、責任感と正義を示し、国連を中心とする国際法に基づく国際システムを断固として守っていくことを確認した。また、両指導者は重大な地域問題、国際問題について見解を確認し合い、グローバルな戦略安定の強化に関する共同声明に調印した。これは、中露両国が戦略安全分野で共にチャレンジに対応し、地域安全保障の焦点的問題について戦略的協調を強化し、世界の多極化と国際関係の民主化を推進するという一致した声の発信を強化し、両国関係の水準の高さと両国の協力の特殊性、戦略性、グローバル性を表すものだ。

 三、善隣友好の伝統を継承し、中露の利益の絆を一層固めた

 習主席はプーチン大統領、メドベージェフ首相と共に中露両国の実務的友好協力を全面的に計画し、トップダウンデザインを構想すると共に具体的取り組みも検討した。双方は今後も「一帯一路」の共同建設と「大ユーラシア・パートナー関係」構想を互いに支持し、地域の一体化と地域経済の融合発展を推進していく。また、戦略的なビッグプロジェクトを推進し、新興分野での協力のポテンシャルを探り、地方経済の相互補完性を活かして、両国の貿易を2000億米ドル規模に向けて拡大することを目指す。さらに、2020年から2021年にかけ、「中露科学技術イノベーション年」を開催し、共に自主開発能力を高めることで合意した。他にも、両国の指導者は経済貿易、エネルギー、科学技術、宇宙、農業、教育など幅広い分野に関する約30の協力文書の調印式に立ち会ったことは、中露の全方位、深層的、多分野の互恵協力の構図が形成されつつあることを示している。

 四、発展と協力を語り、中国の責任ある態度を示した

 サンクトペテルブルク国際経済フォーラムは各国が世界経済について話し合う重要な場となっている。今回のフォーラムは「持続可能な発展の議事日程の作成」をメインテーマにしており、重要な現実的意義を有している。習主席は、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で定められた経済成長、社会発展、環境保護の3大任務をめぐって、国際的発展協力に関する考えを説明した。習主席は、「一帯一路」の共同建設と「持続可能な開発のための2030アジェンダ」とは高度に呼応するもので、双方の効果的な連結や協調による効果上昇を推進し、発展途上国のためにより多くの機会をもたらす必要があると述べた。習主席の発言は、中国および世界の持続可能な発展に対する国際社会の自信を高めるものとなった。

 これらの成果により、各国は、中国は自国優先の利己的思考も、他国の失敗から自国の利益を勝ち取るゼロサムゲームもせず、自身の発展を世界の発展の中に組み込む考えを持った国であり、各国との良好な連携を通じて弱者に配慮した共栄関係を実現し、世界経済に絶えず市場、原動力とチャンスを提供していく国であるとの評価をしている。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

習主席、訪露から帰着=北京

 習近平国家主席はロシアに対する公式訪問と第23回サンクトペテルブルク国際経済フォーラムへの出席を終え、8日午前、北京に帰着しました。 習主席は現地時間7日午後、サンクトペテルブルクから帰国の途に就きました。ロシア政府の高官やレニングラード州の州知事、サンクトペテルブルク市政府の...

CRI online
2019年6月8日 17時45分
続きを読む

習主席スピーチに各国指導者が賛同の意=サンクトペテルブルク

 第23回サンクトペテルブルク国際経済フォーラム総会が7日、ロシアのサンクトペテルブルクで開かれました。習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領、ブルガリアのラデフ大統領、アルメニアのパシニャン首相、スロバキアのペレグリニ首相、国連のグテーレス事務総長らが出席しました。 習主席は席...

CRI online
2019年6月8日 17時45分
続きを読む

習主席「持続可能な発展で美しい世界を」=サンクトペテルブルク

 習近平国家主席は7日、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムに出席し、その挨拶で、「持続可能な発展こそは、眼下のグローバルな課題を解決する上での『金のカギ(ベストソリューション)』であり、人類の運命共同体の構築という目標に近く、その理念にも通じるものだ。そのいずれもが人類全体に...

CRI online
2019年6月8日 17時45分
続きを読む

習主席、各国と発展の成果を分かち合い、共に美しい故郷を作りたい

 習近平国家主席は7日、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで演説し、中国は対外開放の度合いを絶えず拡大し、市場参入を緩和させることで、公平な競争が保たれる市場環境を作りたいと示しました。その上で「中国は旗幟鮮明に経済のグローバル化のプロセスを推進し、多国間貿易体制を擁護して、...

CRI online
2019年6月8日 0時35分
続きを読む

習主席、国際協力においてロシアは重要かつ優先的協力パートナー

 習近平国家主席は7日、サンクトペテルブルク経済フォーラムでの演説で、「国際協力には誠意ある相互信頼、志を同じくするパートナーが欠かせない。ロシアは中国が各分野における協力を展開するにあたり重要な優先的パートナーである。双方は持続発展の理念を堅持し、天然ガスなどのクリーンエネルギ...

CRI online
2019年6月8日 0時20分
続きを読む

ランキング