Record China

ヘッドライン:

中国自動車メーカー初の海外「完全進出」=習近平主席・プーチン大統領出席の式典も、長城汽車のロシア工場が稼働開始

配信日時:2019年6月8日(土) 19時40分
拡大
1/2枚
中国の自動車メーカーである長城汽車のロシア・トゥーラ州工場が5日、稼働を開始した。モスクワのクレムリンでは、中ロ首脳の習近平国家主席とプーチン大統領が出席する式典も開催された。新華社など中国メディアが2019年6月7日付で報じた。

その他の写真

トゥーラ州はモスクワ市の南に隣接しており、工業パークも建設されている。長城汽車の工場は海外に進出した中国の自動車メーカーとしては初めてプレス、溶接、塗装、組み立てを一貫して行う。投資額は5億ドル(約540億円)で、同社の哈弗F7(Haval F7)を年間15万台生産する計画だ。生産の現地化率は65%という。

モスクワ・クレムリンでは、訪ロ中の中国・習近平国家主席とロシア・プーチン大統領が出席する式典も開催され、同工場で製造されたHaval F7にサインするなどした。

米ロの関係は2014年のクリミア危機(ウクライナ問題)以来冷え切っている。米中関係も、2018年以来の貿易摩擦がさらにエスカレートしている。このところの中ロ接近は、米国への対抗が背景にある。新華社は、ロシア市場では長城汽車とライバル関係にある吉利汽車も、長城汽車の工場開業に対して祝電を送ったと報じた。中国自動車メーカーのロシア進出が、中ロの緊密化を象徴する、あるいは促進を念頭におく政治絡みのイベントと見なされていることが分かる。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

丸紅が船舶燃料事業でSINOPEC傘下企業と協業=背景に国際的な環境基準強化、その他

丸紅は中国石油化工集団傘下の中国石化燃料油銷售と、船舶燃料事業分野で協業する。背景には船舶燃料の含有硫黄量の規制強化がある。写真は中国石化燃料油銷售による、世界最大級のRO-RO船(車両の自走搭載させる運搬船)に新基準適合の燃料供給を伝える記事から。

Record China
2019年6月8日 9時40分
続きを読む

「日本のエネルギー安全に深刻な脅威を与えている」=中国メディアが米国の対イラン政策を批判

中国メディアの新浪網はイラン問題など米国の中東政策を厳しく批判する記事を発表した。記事は安倍首相が訪日したイランのザリフ外相と会談した(写真)のは異例として、日本は米国の盟友ではあるが、自らの国益のために動いていると主張した。

Record China
2019年5月20日 7時0分
続きを読む

中国報道官「言う方は疲れないだろうが聞く方は疲れた」―ポンペオ米国務長官「一帯一路は各国の主権損ねる」に反発

中国政府外交部の耿爽報道官は、ポンペオ米国務長官が中国の提唱する「一帯一路」を「各国の主権を損なうものだ」などと批判したことに対して「また、いつもの調子」「言う方は疲れないが、聞く方は疲れる」などと反発した(写真)。

Record China
2019年5月10日 14時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング