Record China

ヘッドライン:

1年ぶりのキム・ヨナの演技、韓国ネットがちょっとがっかりした理由

配信日時:2019年6月7日(金) 22時30分
拡大
7日、韓国・イーデイリーによると、フィギュアスケートの元五輪女王のキム・ヨナが1年ぶりに演技を披露した。写真はキム・ヨナ。

2019年6月7日、韓国・イーデイリーによると、フィギュアスケートの元五輪女王のキム・ヨナが1年ぶりに演技を披露した。

記事によると、キム・ヨナは6日、ソウル・オリンピック公園KSPOドームで開かれたアイスショーに出演した。2014年のソチ五輪後に引退を発表したキム・ヨナは、昨年アイスショーに特別出演者として参加し、4年ぶりに演技を披露。今年はレギュラー出演者として、オープニングやエンディングなどプログラム全体に参加した。

キム・ヨナはショーの後の記者会見で「いざリンクに立つと緊張した。観客の大きな応援のおかげで無事ショーを終えることができた」と感想を語った。また、今回のショーでキム・ヨナはジャンプなど難度の高い技には挑戦しなかった。その理由については「とても悩んだが、空白期間が長かった上、プログラムの完成度に大きな影響は与えないと判断して諦めた」と話したという。

キム・ヨナの久しぶりの演技に、韓国のネットユーザーからは「ジャンプがなくても十分素晴らしかった」「優雅できれいでかっこいい。映像を見ただけでも幸せな気分になれたよ」「正式の競技じゃないんだからジャンプは跳ばなくていい。膝をけがしたらどうする?」「彼女がリンクに再び立っているということだけで感動」など絶賛の声が上がっている。

一方で「ジャンプのないフィギュアはフィギュアと言えない。ちょっとがっかり」「ジャンプがないと感動できないし、完成度も半分になる。過去のアイスショーでジャンプを跳ばなかった選手なんている?」「正直、あまり練習をしなかったのでは?」など、落胆した様子のユーザーも見られた。(翻訳・編集/堂本

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

IOCの新選手委員にキム・ヨナではなく中国人選手、韓国は「スポーツ外交力の差?」と落胆

27日、韓国では新たなIOC選手委員について、平昌五輪の広報大使を務めたキム・ヨナが最有力候補として取り上げられていた。しかし、このたび中国人選手が選出され「スポーツ外交力」への関心が高まっているという。写真はキム・ヨナ。

Record China
2018年3月1日 10時50分
続きを読む

ランキング