レアアース求める米国、アフリカの企業と協議開始―中国メディア

配信日時:2019年6月9日(日) 7時0分
レアアース求める米国、アフリカの企業と協議開始―中国メディア
画像ID  1098133
中国がレアアースの輸出を制限する考えを示唆していることを受け、米国はレアアースの調達先を求めてアフリカにある2社と協議に入った。資料写真。
中国がレアアースの輸出を制限する考えを示唆していることを受け、米国はレアアースの調達先を求めてアフリカにある2社と協議に入った。2019年6月6日、観察者網がロイター通信などの記事を引用し伝えた。

記事によると、米国防総省はレアアースの新たな調達先を検討するため、アフリカのマラウイ共和国にあるMkango Resources、ブルンジ共和国のRainbow Rare Earthと協議を開始した。国防総省の高官はシカゴで行われたあるイベントの中で、「われわれは中国以外のレアアース調達先を探しており、調達先を一つに絞らず多様化させたいと考えている」「アフリカの企業が米国との協力を望むのであれば、『おそらく』米政府から補助を受けられる」と語ったという。

しかし記事は上述の2社について、「生産量は楽観視できない」と指摘。Mkango Resourcesの財務報告書によると同社の前身は投資会社で、記事は「レアアースのサプライヤーとしては始まったばかり」と説明した。同社はすでに採掘能力を持っているが、マラウイの加工工場が操業を開始するにはあと数年はかかるという。

もう1社のRainbow Rare Earthの今年のブルンジでの精鉱(レアアース酸化物の含有量が約50%の鉱石)生産目標は5000トンだったが、最新の財務報告書によると、「生産量は予測を下回った」ようだ。記事は、同社がその理由として、ブルンジの治安や天候などの「不確実要素」を挙げたと伝えた。(翻訳・編集/和田)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Kio***** | (2019/06/10 14:37)

    レアアースを採掘すると、放射線物質が出るそうなのだが、中国はそれを全く処理していないから安く大量に供給してこれたと言われている。核実験も繰り返してきたし、原発事故も揉み消してるだろうし、中国の放射能汚染が恐ろしい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/06/09 12:01)

    レアアースの資源は世界中に存在する。また、レアアースの価格より、製品化した場合の付加価値の方がはるかに大きい。 中国が二度もレアアースを恐喝に使ったら、中国以外での生産が増え、各国はこちらをメイン供給先に位置付ける。 中国のレアアースは安価であればスポット買いする、程度の位置に落ちるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2019/06/09 09:52)

    最近やたらと中国に拠る海底探査の記事がある、対して日本の記事が無い、中国にしかない採掘船等と言わせて居て大丈夫か心配だ。官僚の無能化が恐ろしい。^^
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事