Record China

ヘッドライン:

日本の100円ショップに中国人感嘆=「信じられない」「中国との違いは…」―中国ネット

配信日時:2019年6月9日(日) 21時0分
拡大
中国のメディア関係者でブロガーとしても活動する「陳生大王」氏が6日、自身の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで、東京の100円ショップで撮影した写真を掲載した。

同氏は「僕は東京一のケチなので、よく家の近くのショッピングモールをぶらぶらして値引きされた野菜や牛肉を買って帰るのですが、今日たまたま見かけて入った大きな店には、なぜかどの商品にも値段が書かれていなかった」と報告。「尋ねてみると、どうやらこれは100円ショップだったらしい。店内では文房具や掃除道具からキッチン用品、ガーデニングや釣りの道具に至るまで何もが100円だった」と説明し、「見たところ、日本の貧乏な若者たちの暮らしはそれほど悪くないようだ」とつづった。

この投稿を見た中国のネットユーザーからは、「収納魔にとっては天国だ」「半日でも(この場所に)いれちゃいそう」「写真の、招き猫やだるまが描かれたかわいいお皿も100円?信じられない」などと高評価が集まった。また、「中国にも昔は2元(約31円)ショップというのがあったけど、それと比べると日本の100円ショップに並ぶ商品はかなり品質が良さそう」「中国で日本の100円ショップに当たるのは10元(約160円)ショップ。日本より高い」など、中国の状況と比較するユーザーも見られた。

ほかにも、「日本は貧しい人にとって天国なのかもな」「この安さもすごいけれど、それ以上に品質が良いことが注目に値する」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/岩谷)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

子どもが電車で騒いだら日本の親はこうする!日本式のしつけに感嘆=「台湾の親はほったらかして携帯に夢中、注意されると逆ギレ」―台湾メディア

18日、台湾メディア・中国時報によると、近ごろ台湾で騒ぐ子どもを放っておく親が問題になっている。そうした中、ネット上であるユーザーが日本の親の対処方法を紹介したところ、多くの人が感嘆の声をあげたという。資料写真。

Record China
2018年4月20日 5時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング