Record China

ヘッドライン:

<バレー>日本に「暴力的なスパイク」打ち込んだ中国エース、試合中に発した一言がアツ過ぎると話題に―中国メディア

配信日時:2019年6月6日(木) 22時10分
拡大
中国が日本に3-0で勝利したFIVBバレーボール女子ネーションズリーグ予選ラウンドの試合で中国のエースが発したある一言が、中国ネットユーザーの間で「アツ過ぎる」と話題になっている。資料写真。

中国が日本に3-0で勝利したFIVBバレーボール女子ネーションズリーグ予選ラウンドの試合で中国のエースが発したある一言が、中国ネットユーザーの間で「アツ過ぎる」と話題になっている。5日付で中国メディア・環球時報が伝えた。

4日に香港コロシアムで行われた同試合で、中国は日本の強固な守備に手を焼きながらも第1、2セットをそれぞれ27-25、25-18で奪う。第3セットでは、日本がリードする展開の中、中国の丁霞(ディン・シア)の手がネットに触れたと判定される場面が。郎平(ラン・ピン)監督がチャレンジ(ビデオ判定)を要求し、エースの朱[女亭](ジュー・ティン)も審判に異議を申し立てたが判定は覆らなかった。

その後、中国が6-11まで点差を広げられて迎えたタイムアウトで、朱が「(点数を)取り返そう!」とチームに活を入れた。記事は「すでに2セットで奮闘し声もかれていたにもかかわらず、チームメートを励ますため大声を振り絞った」と評した。さらに、「タイムアウトが終了した後、朱[女亭]は『高空爆撃機』のような勢いで暴力的なスパイクを決め、同点まで追いついた。彼女は『取り返そう!』の言葉をまさに実行した」とし、「朱[女亭]は試合全体で18得点を決め、重要な局面では時速100キロ近い『デススパイク』まで繰り出した」と伝えた。

記事は、今回の試合を受けて、多くの中国のネットユーザーが「朱[女亭]の『取り返そう!』の一言はアツ過ぎた」と振り返っていることを紹介。「バレーボールを何年も見てるけど、あのかすれた声だけど覇気のこもった『取り返そう!』の一言と、そこからの猛攻にはしびれた」「彼女が去年、オランダとの試合中に『私に打ってこい!守ってみせる』と叫んだのを思い出した。女王の威厳は健在だ」などと称賛する声が上がったほか、「『夢のような守備』とたたえられていた日本も彼女の『暴力的なスパイク』にはかなわなかったな」「彼女は中国人の誇りだ。最強の王者だ」などと誇らしげにたたえる声も上がったという。(翻訳・編集/岩谷)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<サッカー>優勝カップ踏みつけの韓国代表、宿泊したホテルでも「面倒」起こす?=従業員「こんなチームは初めて」

中国四川省成都市で開かれたサッカーのパンダカップで、優勝したU-18韓国代表選手の不適切な行為が物議を醸す中、中国のスポーツメディアの新浪体育は30日、韓国チームが宿泊したホテルスタッフから不満の声が出ていたことを伝えた。写真はパンダカップ2019。

Record China
2019年5月31日 13時40分
続きを読む

ランキング