なぜ日本人は耐えられるの?台湾のネットであることが話題に―台湾メディア

配信日時:2019年6月10日(月) 8時40分
なぜ日本人は耐えられるの?台湾のネットであることが話題に
画像ID  1097738
3日、台湾メディアETtodayは、台湾のネット上で「日本人はどうして長時間の通勤に耐えられるのか」について議論が繰り広げられたと報じた。資料写真。
2019年6月3日、台湾メディアETtodayは、台湾のネット上で「日本人はどうして長時間の通勤に耐えられるのか」について議論が繰り広げられたと報じた。

記事によると、台湾のあるネットユーザーが有名な掲示板PTTで「日本のサラリーマンや学生はみんな早朝に家を出て通勤通学する。いくつもの路線を乗り換えたり長い距離電車に乗ったりして、往復で3時間以上もかける人も少なくないそうだ。台湾の習慣とは完全に異なるが、どうして日本人はこんな状況に耐えられるのか」と疑問を呈した。

これに対して他のネットユーザーからは「通勤時間が長くなる理由はさまざまで、都市の規模が大きいこと、ビジネス街と住宅地が分離していることなどが考えられ、日本人がその長さに耐えられる理由は自動車よりも公共交通機関のほうが便利なこと、電車が時間に正確なこと、そして車内で寝たり本や新聞を読んだりできることがある」との回答が寄せられた。

また、あるユーザーが「大きな理由」として、日本の企業では通勤手当が実費で支給され、自分で交通費を負担する必要がない点を挙げると、多くのユーザーが「それなら台湾でも長時間通勤を受け入れられるかも」との考え方を示したという。

記事はまた、通勤時間の長さに加えて満員電車も日本特有の「奇観」であるとし、鉄道会社がラッシュ時に乗客を車内に押し込む「押し手」を雇っているほか、東京の地下鉄や電車にはピーク時の乗車率が200%近くに達する路線が多く存在すると紹介した。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/06/18 10:15)

    田舎になれば、自分で運転して往復2時間とかザラだしね。 それなら、電車で3時間とかの方がまだ楽かな。寝てられるし。 職場と家が近いってのは理想ではあるんだけど、職場の同僚に家がバレると面倒な事もあるから場合によりけりか。飲み会の会場にされても 困るしね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/06/10 10:52)

    普通政治と経済は別ける所を何故か東京一極集中にした弊害だよ 政治は関東でやっときゃ良いのに経済まで持ち込んだからな 別に経済の中心を大阪に返せとは言わんが 名古屋や福岡などの都市圏に分散させるべきなんだよな
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/06/10 08:54)

    おっしゃる通り日本の通勤ラッシュと通勤時間の長さは他の先進国では例の無い異常さであり通勤だけで一日の体力の三分の一を消耗してしまう程である、それでも三代目都市の内大阪と名古屋は殺人的な混雑は大幅に解消され比較的低価格の座席指定車の連結等で着席通勤も可能になっているが、東京は依然としてバブル期と変わらない凄まじい混雑が続いており決め手となる対応策が見出だせない状況である、通勤時間はまだしもせめて正味40分以上乗車する人は全員着席通勤出来るような施策を鉄道会社各社にはお願いしたいものである
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事